犬にも個性がある!性格や行動を理解して仲良く暮らそう

公開日: : 繁殖犬ウェルシー, 犬育て

富士ハーネスに遊びに行ってきました。

富士ハーネスは、ウェルシーが生まれて生後約2か月までを過ごし、私たちの元へ委託され、約1歳になるまでパピーレクチャーに通った場所です。

座る犬

犬育ては子育てと同じ!個性を大切に

この日は特に用事があったわけではなく、遊びに行っただけですが、ウェルシーが生まれてからパピーウォーキングの間、ずっとお世話になった訓練士さんにお会いしたかったので、事前にアポをとっておきました。

訓練士さんは、ウェルシーと遊びながらウェルシーの良いところをや課題を見てくださり、課題についてのご指導もいただきました。

訓練士と遊ぶ犬

感受性が強いという個性を肯定的に捉えよう

ウェルシーは、人と一緒に何かをするのは大好きなので作業は得意です。

家庭では、遊ぶのが大好きで新しいこともどんどん覚えるので、楽しい犬です。

一方で待機が苦手だったり、人への興奮が高かったりします。

それでもパピーの頃に比べると、心の成長とともにずいぶん進歩しました。

訓練士さんに

おとなしく座って、人に撫でてもらえる犬になって欲しい。

とか

カフェなどで足元に伏せているときに、人が近くを通ったくらいでいちいち気にしない犬になって欲しい。

とか、つい思ってしまうのですが高望みでしょうか?

と聞いてみました。

すると

高望みです!

とキッパリ。

ウェルシーが持って生まれた気質として、感受性が強く刺激に敏感なので、いろいろな刺激につい反応してしまいます。

これを、訓練で鈍感にすることはできません。

元々の気質を変えることはできませんが、今日私が入ってきたときも興奮はしましたが、甘噛みはしませんでした。

伏せているときに立ち上がってしまっても、ウェルシーはコマンドが聞けるので「Down」と言えばまた伏せることができています。

毎日の取り組みで成長しているところですし、年齢と共にウェルシーなりの落ち着きは出てきているので、それで十分です。

伏せる犬

訓練士さん

ウェルシーはそういう仔。

ウェルシーのままでいいのですよね。

「刺激に敏感」だからこそ、名前やコマンドへの反応もいいわけですし、褒められることに対しても敏感で、やる気を出してくれるのですものね。

「刺激に敏感」の人にとって都合が悪い部分は、人がフォローしてあげることでウェルシーも過剰な反応はしなくなってきていますものね。

以前、富士ハーネスでお会いしたユーザーさんの盲導犬も、ユーザーさんの足元で伏せているときに、後ろを通った人の気配に反応して体を起こしかけました。

ユーザーさんは盲導犬の背中を手でポンポンとして

伏せていてね。

と伝えていました。

盲導犬はまた穏やかに伏せました。

反応しないことを目指すのではなく、反応しても今やるべきことを思い出させてあげればいいのですね。

これは、ウェルシーではなく私たちの課題になりますね。

人が教えてあげられること

日本盲導犬協会では、出産と子育てを富士ハーネスで行う(ボランティアさんの自宅で行う方もいます)ので、担当スタッフさんが母犬や子犬のお世話をしてくださいます。

なので、訓練士さんに繁殖犬ボランティアに求めていることを聞いてみました。

繁殖犬ボランティアさんには

  • Sit、Down、Wait、Comeなどの基本的なコマンドに従えること。
  • 犬たちの部屋には、子犬用の毛布や排泄用の人工芝などを置いたりもするので、いたずらをしないこと。

などをおうちで教えてもらえると助かります。

ということでした。

持って生まれた気質は変えられませんが、人が教えてあげられることはきっとたくさんありますね。

まとめのようなもの

久し振りに、ウェルシーがパピーの頃から成長を見守ってくださった訓練士さんにお会いできました。

いろいろとご指導をいただくことができました。

ありがとうございました。

クレートで眠る犬

私たちは今までパピーウォーカーだったので、1頭の犬と暮らすのは約1年でした。

お預かりしたパピーに「人と暮らすことは楽しいこと」と教え、人と生活するうえでのマナーを教えることを心掛けていました。

その仔の良いところを伸ばして送り出してあげたい。

と欲を出したり、難しいと感じるところは

入所後に訓練士さんにお願いしてしまおう。

という甘えもありました。

なので、ありのままのその仔をまるごと受け入れて一緒に暮らしていく。

ということは、頭では分かっていても実感に乏しかったのかもしれません。

家庭犬の飼い主のみなさんだったら

いいところも、あらら~と思うところもまるごと全部「うちのこ」の個性。

その全てが愛おしい宝物なんだよ。

というのは当たり前すぎることですよね。

その仔はその仔のままでいいんだよ。

全てが大好きだよ。

それが犬にとっての幸せだということに改めて気づきました。

ウェルシーは、私たちを成長させるために帰ってきてくれたんだね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬連れ富士山(五合目)初心者も富士山を楽しもう
NEXT
甘えん坊犬は幸せな犬!愛情を注いで育てるってどういうこと?

サナ父ちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    最近はパピーウォーカーに求められる事、といいますか、役割が厳しくなったというお話しをよく耳にします…

    私とかはそもそも、大して躾もせずにそこそこ、おおらかに楽しく育てちゃったので今ならダメなパピーウォーカーなんでしょうね(笑)

    盲導犬になるならないはさておき、そのコの事を第一に考えてあげた場合、一番大事な事はそのコの全てを受けとめてあげる事なのかな、と…

    そのコがこれから生きていくのに、人に怯えたり、怖がったりしない、かわいいワンコになれるよう、手助けしてあげたいですね…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      最近はパピーの頭数も増えていますから、家庭でできることはなるべく家庭で教えてほしい。
      という雰囲気は感じますね。

      しつけは大切ですが、それ以上に「人と一緒に生活することは楽しい」ということをパピーに伝えるのが大切だと思います。
      そこは家庭でなければ教えられないことなので・・・。
      しつけは、できていれば訓練士さんは訓練に集中できるので助かるとは思いますが、訓練センターでも教えられますものね。
      さすがにSitって何?Downって何?ではまずい気はしますが、人の話を聞く姿勢ができていれば大丈夫かと・・・。

      ウェルシーの担当訓練士さんは、パピーウォーカーさんには「夢中づくり」を重要視してほしいとおっしゃっていました。
      入所後、おもちゃを使って訓練をしていくので
      犬がひとりでおもちゃで遊ぶのが楽しい。
      ではなく
      おもちゃを使って、人と一緒に遊ぶのが楽しい。
      と教えてあげて欲しいということでした。

      わんことの暮らしは、やはりその仔の個性を大切にして、その仔の全てを受け止めてあげることが一番大切ですね。
      人に撫でられたからって大騒ぎにならなくていいんだけどな。
      と思うのは、穏やかな犬が好きな私の都合っていうだけですものね。
      口が出るのだけは、人に迷惑をかけてしまうかもなのでやめさせたいです(だいぶ良くなりました。頑張ります)

関連記事

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが小さい頃は 自己主張が強

記事を読む

散歩する犬

犬と子供が上手に触れ合うためのステップ

ウェルシーは人が大好きです。 子供も大好きなのですが、人に対しては嬉しさが先行して興奮してしまい、

記事を読む

雨の日も犬のお散歩に行くべき?

今日のウェルシー地方、雨です。 4月だというのにみぞれ混じりの雨。 数年に1回、4月に入っても真

記事を読む

赤ちゃんがやってきた!賢い犬はどう対応する?

夏に遊びに来てくれた赤ちゃん連れのお客様が、久しぶりに遊びに来てくれました。 そのとき、赤ちゃん1

記事を読む

生後2か月の子犬の接し方 冒険と甘えとしつけ

シオンがわが家に来て約1か月。 家での生活にも大分慣れてきました。 毎日冒険 子犬がおうちに慣れて

記事を読む

犬連れ紅葉の白雲山鳥居観音

ウェルシーだよ♪ 「白雲山 鳥居観音」(埼玉県)に行ってきたよ。 埼玉県の紅葉の名所とい

記事を読む

伏せている犬

飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?

夫が仕事に出かけるとき、私は玄関で見送ります。 気を付けて行ってらっしゃい。 わが家でお預かりし

記事を読む

犬を叱るときは名前で叱らないで

子犬はかじるのが大好きです。 早くも2日目には、引出の取手や、敷居をカジカジ。 甘噛み防止スプレ

記事を読む

見上げる犬

盲導犬御用達ワンツーベルトを使うことにしました

今さら感がありますが、ウェルシーの屋外での排泄に盲導犬が使うワンツーベルトを使ってみようと思いました

記事を読む

気を引きたいの!

最初 大変かな? と思ったシオンのトイレトレーニングですが、まずまず順調に進んでいます。

記事を読む

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

洗濯かごに入れられる子犬
パピーウォーカーが巣立ったパピーの誕生日に思うこと

2月1日は、わが家の3頭目パピーのシオンの誕生日です。 S-14胎の

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑