犬は家族の中で誰が一番好き?

公開日: : 犬育て

愛犬は家族全員に対して同じ態度をとりますか?

家族の中で誰かは犬に好かれていて、誰かは嫌われているということもあるかもしれませんね。

伏せる犬

犬は人間の家族をどう捉えているのだろう?

  • 犬は家族に上下関係を付ける。
  • 犬は人に対しては上下の区別を付けない。

と、どちらの考え方もあります。

犬種や個体による差もあるのかもしれませんね。

個人的には、犬は与えられた環境に順応して生活しようと考える動物だと感じています。

なので

昭和の初期の家庭のように

  • 家長である年長の男性が一番上、その下に奥さん、そして子どもたち。
  • 子どもたちも長幼の序が明確にされている。

そんな家庭に犬が暮らしていれば、犬も

自分の立ち位置はどこかなあ?

と考える。

そして「お父様」と立てていても内心では家族が父親を尊敬していなければ、犬もしっかりそれを見抜く(笑)なんてこともあったのではないか?

と想像しています。

人は建前と本音を使い分けますが、犬は本音で生きている~♪

犬は家族の誰が一番好き?

わが家の場合は、夫婦二人に犬一頭という家族構成で、夫婦の間ではお互いに上とか下とか考えていないので、犬たちも自分も含めて誰が上で誰が下とは考えていないように感じます。

パパは楽しくて甘えられる人

今までにお預かりしたパピーは全てパパが大好きです。

これは

パパには希少価値がある。

これに尽きると思います。

朝と夜、そして休日にしか一緒にいないパパは、犬にとっては離れる寂しさがある分、一緒にいられる時は何倍も嬉しい存在ですね。

家族の帰りを待つ犬

そして

一緒にいれば遊んでくれたり、抱っこしてくれる「楽しく優しい」存在です。

(うちの場合は)新たなしつけを試みるなんていうことはしませんし、多少の甘噛みも多少のわがままも許してくれます。

楽しくて優しくて、甘えられるパパ!

大好き♪

です。

ママには愛着を感じている

多少の留守番はあるにしても、四六時中一緒にいるママに対しては安心感や愛着を感じています。

日々、自分の世話をしてくれるのはママですから、犬から見れば快適な生活を提供してもらえる安心感があります。

人間の小さい子は、母親のことを自分の体の一部のように思っているのではないかと思うことがありますが、犬もそれに近いかもしれません。

しつけをされるのもママからがほとんどなので、叱られることもパパよりは多いです。

でも、いつも自分が心地よく楽しく暮らしていけるように配慮してくれるのもママなので

自分の生活=ママ

というように愛着を感じるのはママ!

です。

人の心のツボを心得ている

うちの場合は、犬たちはみな私にはベタベタしません。

抱っこ~♪

と言ってくるときは、寒いとか眠いとか理由があります。

しかし、パパには暑い時期は比較的離れていますが、ほぼベッタリです。

お腹を撫でてもらう犬

犬たちも

  • パパには甘えると可愛がってもらえる。
  • ママには一人でくつろいでいる方が好まれる。

ということをちゃんと知っています。

ケージでくつろぐ犬

(敷物は人の目があるときのみ入れています)

犬たちは、家族一人一人の性格を見極め

  • この人にはこうしたら好かれる。
  • 自己主張は、どの人にはどこまで通るか?
  • どんな方法で主張すれば通るか?

などと、よく考えて行動しているように感じます。

まとめのようなもの

わが家の場合は、パパとママのどっちが好き?

ということはなく、良い意味で使い分けています。

犬は与えられた環境の中で、一緒に暮らす家族とうまくやっていく方法を考えて暮らしているのだと思います。

犬は友好的で平和的ですし、頭が良く心が豊かな動物だと感じます。

面白いことに、犬は家族の中で一番よく言うことを聞く人のことが一番好きとも限らないですよね。

言うことは聞いていても、心を許せてはいない。

ということもあるのかもしれませんね。

犬はいつも本音で生きているので、本心から自分を愛してくれる人が好きです。

自分を支配しようとする人は警戒します。

そして、家族一人一人の性格を見極めてそれぞれに合わせて対応していく。

と私自身は感じています。

みなさんのご家庭ではいかがでしょうか?

関連記事→面倒見ているのは私なのに愛犬に嫌われ仲直りしたいです

(写真は全てウェルシーです。将来の妊娠出産に備え増量中ですが、最近丸々してきた~!)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬へのコマンドは命令というよりコミュニケーションになっている
NEXT
飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

排泄は得意だよ 犬語を理解するためには?

昨日の日記では、シオンが苦手なことをかきました。 こちら→留守番は苦手なの! では、シオ

記事を読む

散歩する犬

犬の2歳は反抗期?落ち着きが出てくる頃?

2019年4月14日 ウェルシーは2歳の誕生日を迎えました。 父犬ユオン君、母犬ココアちゃん

記事を読む

気を引きたいの!

最初 大変かな? と思ったシオンのトイレトレーニングですが、まずまず順調に進んでいます。

記事を読む

子犬から大人の犬へ 今が頑張り時

9月1日の眼科検診の日に、イージーウォークハーネスをお借りしました。 ママ、あたしお洒

記事を読む

ハウスは嫌なの!駄々をこねる犬

犬と一緒に生活をする中で、なるべく犬が嫌だなと思うことをしないで暮らせればいいのでしょうが、人の都合

記事を読む

お散歩の悩みはストレスが原因かも?

シオンのお散歩の悩みはいろいろとあります。 なかなか治らないのですが、改善傾向にはあります。

記事を読む

座る犬

犬が嫌いな音と好きな音 音に敏感な犬との暮らし

ウェルシーは、生活音にいちいちビクビクするわけでもありませんし、雷や花火やサイレンの音も大丈夫です。

記事を読む

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

犬と子どもと夏祭り

ウェルシーだよ♪ あたしね、トライアル期間中の夏に、お祭りに行ったことを思い出したよ。

記事を読む

伏せている犬

飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?

夫が仕事に出かけるとき、私は玄関で見送ります。 気を付けて行ってらっしゃい。 わが家でお預かりし

記事を読む

梅と小田原城
犬連れ小田原城址公園・報徳二宮神社

ウェルシーだよ♪ 2月の終わり、寒さの中にも春を感じる日に小田原城址

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑