犬の性格は生まれつき?育て方で変えられる?人懐こい犬に育てるには

公開日: : 犬育て

犬は飼い主に似る。

なんてよく言いますよね。

わんこの性格を育て方や環境で「人懐こい仔」に育てることはできるのでしょうか?

犬の性格はどう決まる?

性格というのは、先天的なもの(持って生まれた気質)がベースにあり、その上に後天的なもの(環境やしつけなど)で作られていきます。

なので、元々持って生まれた気質が人見知りだったり、警戒心が強いという仔もいます。

犬種特性もあり、例えば猟犬として改良されてきた犬種と、愛玩犬として改良されてきた犬種では、受け継がれてきた遺伝子が違うので、持って生まれた気質も違うと考えられます。

同じ犬種でもみなそれぞれに個性があるので、犬種特性は参考程度に「うちのこ」の気質を把握して、その仔に合った育て方を考えていく必要があります。

先天的な気質は生涯変わらない

人懐こい犬に育てたい場合、子犬の頃からフレンドリーである場合は、それをそのまま伸ばしてあげるだけで済みます。

嫌な経験、怖い思いなどをしなければ、人を怖がったり攻撃的になることは少ないのではないかと思います。

一方、家に迎える生後2か月くらいの子犬でも、知らない人を警戒する仔もいるのです。

抱っこでお散歩

そういった先天的な部分は、生涯変わらないことは頭に置いておきましょう。

後天的な性格を良いものにしよう

その犬が持って生まれた気質は生涯変わりませんが、後天的性格は環境や育て方で作っていくことができます。

私は、家庭犬にとってはこちらが重要だと思っています。

とてもフレンドリーに生まれついた犬であっても、人に辛い思いばかりさせられていたら人を信じられなくなり人が嫌いになっていくでしょう。

生まれつき人見知りであっても警戒心が強くても、環境や育て方で改善は見込めるのです。

犬の性格が形成される時期

犬の性格は、生まれてから1年くらいの間に形成されます。

特に、生後4週から13週頃の間は「社会化期」と言って、外的な刺激を受け入れやすい時期とされています。

この時期にいろいろな経験をさせると、怖がりになりにくいと言われています。

家の中で留守番ばかりでは心は育ちませんね。

ホームセンターのカートに乗る子犬

家族と触れ合い、家の中でもいろいろな経験をさせて、抱っこで外に連れて行き、お散歩ができるようになったら体力と共にいろいろな場所に連れて行き、いろいろな経験をさせると良いとされています。

繊細な仔には慎重に

ところが、持って生まれた気質が人見知りだったり警戒心が強い仔の場合、この「いろいろな体験」は慎重にやっていく必要があります。

受け入れていくのに時間がかかることが多いので、子犬の様子を見ながら少しずつ体験させないと、人にとっては何でもないようなことでも「怖い!」と思ってしまい、さらに受け入れるのが難しくなったりします。

散歩に行く子犬

私は1頭目のイズモで「失敗した!」と思いました。

委託当初から人見知りだったのに、それを治したくて幼稚園の近くや通学路に行って、子どもを見せたり触りたがる子には触らせたりしました。

知らない人が至近距離に来たり、触られることは、当時のイズモにとっては

絶対に嫌!

怖い!

ことだったのに

大丈夫、怖くないよ。

みんな、いいこいいこしてくれるでしょ。

なんて言っていたのです。

最初は子どもを遠くから見るだけにして、イズモの方から寄って行くようになるのを待つべきだったと今でも思っています。

変えられるのは後天的な部分だけ

どんな犬でも育て方や、トレーニングで思い描く理想通りに育てられると思う人もいますが、持って生まれた気質を育て方やトレーニングで変えることはできません。

持って生まれた気質が人見知りな仔は、おそらく「超」がつくような人懐こい仔にはなりません。

しかし、楽しい経験の中で人と触れ合う経験をその仔のペースで積み重ねていくことで、心の幅が広がっていきます。

人にじゃれつく子犬

「楽しい経験」というのはとても大切です。

怖いとか不安という経験からは、良いことは学べないので、繊細な仔は特に怖がらせないように気遣ってあげたいです。

まとめのようなもの

持って生まれた気質は生涯変わらないもので、人が係われるのは後天的なものだけです。

生まれつき人見知りだったり警戒心が強い仔であっても、育て方でその仔なりにフレンドリーな性格に成長していきます。

ウェルシーのように

人はみんな自分のことが好き。

あたしが世界で一番可愛いのよ♪

というおめでたい性格(これも先天的なものなので)にはならないかもしれませんし、その必要もありません。

過剰に他人を怖がらず、犬が他人に会うことにストレスを感じず平常心でいられればそれで良いと思います。

伸びしろが大きい仔であれば、かなりフレンドリーな仔に育つこともあります。

社会化期を過ぎていても犬は経験から学習するので、楽しい経験、良い経験を積むようにして、その仔の心の幅を広げてあげられるといいですね。

(写真は1.2枚目ツムギ、3枚目イズモ、4枚目ウェルシーです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬連れ昇仙峡 紅葉の秘境を楽しもう
NEXT
ラブラドールレトリバー2歳7か月 少しおとなになったかな?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    人も犬も、たとえ同じ親から生まれたとしても性格は皆それぞれ。生まれ持った気質はそうそう変えられませんが、その子の個性を良い方に引き伸ばしてあげることは可能ですよね。
    それを見極めて認めてあげるのが、本人(犬)の将来の幸せにも繋がっていくようにも思います。(実際はなかなか難しいけど♪)
    ウェルシーちゃんの「人大好き♪みんなわたしのこと可愛がってくれるんだもん♪」というところ、ケインと共鳴しますね(笑)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      子どもも子犬も、自分が思うようには育ちませんね。
      自分の夢や希望を押し付けず、その子の個性を認め、良い方に伸ばしてあげられたらいいですね。

      ケイン君とウェルシー、人への期待が大きいところが似ていますよね。
      最近は、嬉しさで口が出ることが減って(ゼロにはなりませんが)ケイン君のように、ゴロゴロすることが出てきました。
      他人様に甘噛みすると私に「NO」と言われますが、ゴロゴロするとみんなに「可愛い~♪」と言われるので、その方がいいことに気付き始めたかな?
      ウェルシーの心の成長を(ゆっくりすぎるのですが)待ちながら、どうすれば人に好まれるのか、伝えていこうと思っています。

関連記事

犬に「言い聞かせ」を続けてみます

以前、なかなかお留守番ができるようにならないウェルシーに「言い聞かせる」という方法をとってみようかな

記事を読む

芝生で遊ぼう

ツムギと一緒に歩くと片道30分くらいで歩ける距離に市営の公園があります。 ここは芝生の中にも犬

記事を読む

ケージでくつろぐ犬

犬が飼い主を見送るときに飼い主に向かって吠えるのはなぜ?

前回、飼い主さんが出かけるときに見送りもしない、そっけない態度の犬の記事を書きました。 こちら→飼

記事を読む

犬との信頼関係を築くには犬の意思を尊重してあげる

犬と仲良く暮らすためには「信頼関係」が大切って言いますよね? しつけ本などにも書いてあります

記事を読む

ペンギンの置物に興味を示す犬

フレンドリー過ぎる犬の気質を長所だと思うことにした

一般にラブラドールやゴールデンなどは、人懐こい仔が多いと思います。 ただでさえ人懐こい犬種なのに、

記事を読む

膝の上で甘える子犬

委託から1週間 この仔どんな仔?

ウェルシーが家にやってきて、6月10日で1週間が経ちました。 パピーを迎えると、最初の1週間が

記事を読む

アイコンタクトをする犬

甘えん坊犬は幸せな犬!愛情を注いで育てるってどういうこと?

私はいろいろな方のブログを読むのが好きなのですが、あるブログに 甘えん坊の犬は幸せ というお話が

記事を読む

反則ギリギリ?お散歩デビュー前にリードに慣れる練習

慎重な性格のツムギさん。 知らないものに対して、ものすご~く警戒します。 ゆ~くり寄って行って、

記事を読む

犬の言葉「やめて」が聞こえた日

ツムギは穏やかな性格で、自分の気持ちを表現するときに噛む、吠えるなど、人にとっては厳しい、しかしある

記事を読む

好奇心いっぱいの子犬のいたずら対策

やんちゃでいたずらっ子の盲導犬候補パピー。 シオン 君のいたずら好きはお姉ちゃん(イズモ)以上だ

記事を読む

伏せる犬
人懐っこい!多和田悟氏をもメロメロにする人たらし犬

ウェルシーは人が大好き。 明るくて素直な性格なので、誰にでも近づいて

伏せる犬
犬の妊娠時のおりものについて獣医さんに聞きました

ウェルシーの交配から2週間が経った頃、室内でペットシーツの上でワンをし

富士ハーネスの入り口に座る犬
ラブラドールレトリバーの交配と妊娠中の様子

日本盲導犬協会では、ボランティアの自宅出産も可能ですが、富士ハーネスに

芝生を歩く犬
犬が芝生や草を食べるのはなぜ?犬が草を食べるのは問題ないの?

お散歩中に草をパクってやる仔はいませんか? お腹が空いていなくても何

座る犬
犬が嫌いな音と好きな音 音に敏感な犬との暮らし

ウェルシーは、生活音にいちいちビクビクするわけでもありませんし、雷や花

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑