犬がくしゃみを連発する原因と対策!可愛いものから病気が原因のものまで

公開日: : 健康管理

犬がくしゃみをする仕草は、可愛くて笑ってしまいますね。

可愛い犬のくしゃみですが、心配ないものもあれば、病気が原因になっていることもあります。

くしゃみをする犬

くしゃみの瞬間が偶然撮れた、生後7か月のウェルシーです。

犬のくしゃみの原因

あまり心配のないものから病気まで、くしゃみの原因は様々です。

どんな時にくしゃみをしているのか?

くしゃみ以外の症状はあるのか?

よく観察しましょう。

1.刺激

埃や花粉、家から外に出たら寒かったなど急に温度が変わったとき、香水、たばこ、胡椒などの刺激が原因になります。

鼻の粘膜に異物や刺激を感じると、粘膜が刺激されることで鼻の穴から空気を押し出そうとする反応で「くしゃみ」となります。

ウェルシーは、アルコールのウェットティッシュで床などを拭くと

クッシュ~ン

です。

このご時世(新型コロナ対策のため)アルコールであちこち拭いたりしてしまうので、ウェルシーには災難ですね。

またワサビやミントなどの香りも、くしゃみを連発してしまうので、注意が必要です。

2.興奮、ストレス

嬉しいときや、喜んでいるときにくしゃみをすることがあります。

これは、興奮を落ち着かせようとする反応で、嬉しいときにくしゃみをする仔は意外と多いのだそうです。

ウェルシーは、夜はケージで寝ていますし、お留守番もケージなので、朝や人の帰宅時にケージから出すと、くしゃみを連発します。

わ~い、わ~い♪

が落ち着くと止まりますが、これは嬉しさ爆発ってことだったのね。

可愛いのぅ♪

部屋に座る犬

また、ストレスを感じているときに自律神経が乱れることにより、くしゃみをすることもあるそうです。

3.老化

加齢により気管支などが衰え、咳や鼻水、くしゃみといった症状が出てきます。

年齢と共に体の抵抗力も落ちてくるので、くしゃみを伴う感染症にもかかりやすくなるので、愛犬の様子を注意深く見てあげる必要があります。

4.花粉、アレルギー

近年、花粉症やアレルギーに悩む犬は増加傾向にあるのだそうです。

頻繁にくしゃみをするようであれば、花粉症やアレルギーの可能性も疑ってみましょう。

5.病気

歯周病、歯槽膿漏、リンパ腫、てんかん、フィラリア、ケンネルコフ、気管虚脱、結膜炎、僧帽弁閉鎖不全症、腫瘍、鼻腔内型リンパ腫、副鼻腔炎

など、他にもあるかもしれませんが、これらは全てくしゃみを伴う病気です。

くしゃみだけではなく、鼻水も出たり、発熱、下痢、震えなどの症状を伴う病気もあります。

わが家では、2頭目パピーのツムギがケンネルコフになったときは、くしゃみというより吐きそうと感じる咳をしました。

こちら→犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

犬のくしゃみの対策

犬のくしゃみの対策は、原因によって変わってきます。

病気が疑われるときは、獣医さんの診断を仰ぎましょう。

花粉やハウスダストが原因のときは、くしゃみだけではなく、目や皮膚が赤くなり痒がるなどの症状が出ることもあります。

花粉の時期は、お散歩の時間帯や場所に気を付け、散歩時に服を着せて家に入る前に脱がせ、愛犬の体を拭いてあげて花粉を家の中に持ち込まないように注意します。

家の中は拭き掃除をしたり、空気清浄機を設置するなどの対策を取ります。

刺激物(香水、たばこなど)が原因であれば、犬の身の回りから無くしてあげます。

人より鼻が敏感な犬は、ちょっとした刺激物でも辛いかもしれませんね。

まとめのようなもの

犬もいろいろな刺激でくしゃみが出ますが、興奮やストレスでくしゃみをすることもあるのですね。

あまり心配のないくしゃみもありますが、まずは原因を探ることが大切ですね。

頻繁にくしゃみをしたり、鼻水や目や皮膚の赤味や湿疹など、他の症状も見られたり

アレルギーかな?

病気かも?

と思われる場合は、獣医さんの診断を仰ぎましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬と一緒に寝てもいいの?いけないの?一緒に寝るときの注意点は?
NEXT
ラブラドールがおデブになりやすいのは遺伝子のせいだった!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

本格的な夏が来る前に!犬の熱中症の予防と対策を学んでおこう

梅雨真っ盛りのウェルシー地方です。 だんだん暑くなってきて、熱中症が心配ですね。 犬の熱中症の

記事を読む

換毛期を乗り切る3つの対策

3月に入った頃からウェルシーの抜け毛が増えてきました。 ここのところ急に暖かくなり、ちょっとブ

記事を読む

ケージの中に座る子犬

犬のノミ・ダニ予防薬は何がいいの?メリット・デメリット・副作用は?

ノミやダニに寄生されると、犬が痒みや貧血、皮膚炎を生じるだけではなく、犬や人の命にかかわる病気を媒介

記事を読む

3回目のワクチン接種

5月22日に地元の動物病院で3回目のワクチンの接種をしました。 待合室でパパに抱っこされ、神妙

記事を読む

散歩する犬

冬に気を付けたい犬の泌尿器系の病気|予防法とチェックポイント

先日、協会スタッフさんとお話しする機会がありました。 冬は膀胱炎になりやすいんですよ。 水を飲む量

記事を読む

尻尾を上げて楽しそうに歩く犬

犬にとって適度な運動ってどのくらい?筋肉を鍛えて老化を遅らせたい

犬も人も健康な生活のためには「適度な運動をしましょう」と言われますが、「適度」ってどのくらいなので

記事を読む

床で眠る犬

【体験談】犬のよだれ焼け(髭焼け)今年はバッチリ!中性電解水で予防に成功しました

ウェルシーは、暑さでハアハアとパンティングすることが多くなるためか、毎年夏になると口の周りの毛がよ

記事を読む

座る犬

寒さ対策になるかな?犬にネックウォーマーを着用させてみました

ウェルシーだよ♪ 12月の上旬はまだまだ暖かかったけど、かなり寒くなってきたよ。 年末寒波がやっ

記事を読む

抱っこされる子犬

病院初体験 2回目のワクチン接種

4月16日 2回目のワクチン接種のため、動物病院に行きました。 この日は暖かくお天気も良

記事を読む

桜と犬

犬の体にできものを発見!良性?悪性?様子見していい?

先日、ウェルシーの口の下の辺りにできものを発見しました。 犬の皮膚に何かできてしまうと心配になりま

記事を読む

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

飼い主の顔を舐める犬
犬のマウンティングは叱らなきゃダメ?飼い主が取るべき対策とは?

愛犬のマウンティングに悩んでいる飼い主さんはいませんか? 犬がマウン

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑