犬の下痢予防のために気をつけている3つのこと

公開日: : 健康管理

11月も半ばになって、だいぶ冷えるようになりましたね。

寒暖差が大きく人も辛いですが、みなさんの愛犬は元気に過ごしていますか?

私の周りのパピーウォーカーさんも、お預かり中のパピーが下痢しちゃったという方がチラホラいらっしゃいます。

子犬やシニア犬は、特に気をつけてあげましょうね。

下痢の症状や緊急性については

こちら→犬の下痢の症状と受診のタイミングを調べてみました

に詳しく書いてあるので、ご覧いただくということにして、今回は私たちが日頃心掛けている下痢の予防法についてお話しますね。

犬が下痢をする原因(病気以外)

私たちは、パピーウォーカーとして4頭の子犬を育てましたが、意外に委託期間中の下痢の回数は少ないです。

  • 1頭目イズモ 1回
  • 2頭目ツムギ 0回
  • 3頭目シオン 0回
  • 4頭目ウェルシー 2回

です。

わが家には内面は繊細な仔ばかり来ていますが、身体は丈夫な仔ばかりだったのでしょうか?

そうだとすると、ありがたいことですね♪

病気以外でありがちな犬が下痢をしてしまう原因として、環境や気温の変化があります。

1.環境の変化

環境の変化がストレスになり、下痢をすることがあります。

特に子犬は、知らないおうちに、しかも人間で言ったら2~3歳の幼さで、たった一人で行くのですからストレスを感じるのは当たり前ですね。

フードが合わないという場合もあるようです。

成犬になっても、環境の変化や非日常(旅行など)が原因で下痢をすることがあります。

ついついおやつをあげちゃうなんていう場合は、食べ過ぎということも・・・。

2.気温の変化

寒暖差が大きい季節は、犬にも厳しい季節です。

3月の末に委託だったツムギとシオンは、委託当初こそまだ暖房が欲しい時期でしたが、季節は暖かくなる方向へ向かい、子犬もどんどん成長して体力がついたためなのか、委託中の下痢の回数は0回でした。

イズモの下痢は、私がシャンプー時のお湯の温度を間違えて身体が冷えてしまったためで、完全に私のミスです。

関連記事→子犬の下痢と嘔吐 ごめんねイズモ

ウェルシーの下痢は、1回目が8月末、2回目が4中旬でした。

思いがけず、涼しかったり寒い日があったりした頃でした。

下痢予防のため気を付けていること

これから寒くなるにあたって、私たちが気をつけていることが主に3つあります。

1.クレートを毛布で包む

日本盲導犬協会ではパピーウォーカーに、夜間や留守番時など人の目がないときには、ケージやクレートの中に敷物などを入れないようにというご指導になっています。

命にかかわる場合もあるので、誤飲を一番心配していますからね。

しかし、寒くなる時期に月齢の小さいパピーがいるパピーウォーカーさんは、体調を崩さないか心配ですよね。

先輩パピーウォーカーさんに教えていただいた方法が

クレートを毛布で包んでその中に寝かせる。

です。

クレートの方が狭いですし、隙間も少ないので犬自身の体温で暖まりやすいですね。

たまたまケージで大丈夫だったので、私たちは採用しませんでしたが、良い方法だと思います。

2.冬が寒いのは当たり前

ラブラドールなどのダブルコートの犬は、寒いのが好きなわけではありませんが、寒さには強いとされています。

人の感覚でぬくぬく過ごさせてしまうと、寒がりになり、今度は冬のお散歩で体調を崩すことになりかねません。

寒さに慣れてもらう。

ことも大切だと思っています。

私たちの住む地域は、雪こそ少ないものの冬はそこそこ寒いです。

暖房は23℃くらいの設定で、人が寝る夜間は切ります。

朝は、部屋の温度計が3℃という時期もあり

夜間は冷蔵庫の中より寒い~!

ですが、普通に何も入れないケージで寝ていて、みんな元気に冬を過ごしました。

3.フードにぬるま湯を入れる

ただ、ウェルシーは2回とも気温が急に下がる頃に下痢をしているので、寒くなる時期は

フードに人肌くらいのぬるま湯

を入れています。

フードをふやかすことはしていませんが、やや温かい方がお腹に優しいかな?

と思っています。

寒くてもできる限り毎日お散歩に行くこと。

そして、日光浴も丈夫な体を作るのに大切ですね。

関連記事→犬が日向ぼっこが好きな理由と日向ぼっこの効果

まとめのようなもの

環境の変化があるときは、犬の様子に気を配りストレスを軽減させてあげましょう。

パピーウォーカーさんは寒い日の対策として、クレートを毛布で包んで寝かせるのも一つの方法です。

フードにぬるま湯を入れると、お腹に優しいかもしれません。

健康な犬であれば過保護にせず、寒さにも慣れさせて丈夫な身体づくりを目指していきましょう。

(寒さに弱い犬種、子犬やシニア犬などはこの限りではありません。)

★写真は、イズモ、シオン、ツムギ、ウェルシー、の順です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬連れ城峯公園と桜山公園|紅葉と冬桜を楽しめます
NEXT
犬は人の言葉を理解しているんだよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    サナが下痢になった?のは確か、家に来てすぐ、新しい環境に慣れるまでの間だったような…
    生まれて間もない、ちっちゃな仔には無理のない事…
    やはり人が安心させてあげる事が大事ですよね…
    私もまたワンコ迎える時が来たら気をつけないと、と思います。

    あと、サナも「ハウス」は「クレート」でした。
    あの密着感が大好きだったようで、とても安心出来てたようです。
    今思えば、その頃からいろいろ行動が落ち着いてきたような…
    そんな気がします♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      今まで兄弟姉妹で一緒に過ごしていたところから、新しいおうちに迎えられて人と一緒に生活するのですから、環境が大きく変わりますよね。
      自分に置き換えてみると、どれほど心細いことかと思います。

      クレートがいいよ。
      って確かサナ父ちゃんさんに教えてもらったと思います。
      ありがとうございます♪

関連記事

くしゃみをする犬

犬がくしゃみを連発する原因と対策!可愛いものから病気が原因のものまで

犬がくしゃみをする仕草は、可愛くて笑ってしまいますね。 可愛い犬のくしゃみですが、心配ないものもあ

記事を読む

眠る犬

大型犬の体重を人用の体重計で測る方法

ウェルシーは、日本盲導犬協会の繁殖犬メス犬です。 繁殖犬は子犬を産み育てるのが一番大きな「お仕事」

記事を読む

犬が病院を嫌がる怖がる理由と病院の選び方

狂犬病ワクチン接種のため、ウェルシーを動物病院に連れて行きました。 ウェルシーは獣医さんが大好きな

記事を読む

抱っこされる犬

犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、ついついツンツンしたくなりませ

記事を読む

散歩する子犬

室内犬の足ふきは乾いたタオル!カサカサにならない美肉球の秘密

預かり訓練が終わり、ウェルシーを迎えに行ったとき、訓練士さんが ウェルシー、肉球が綺麗ですね。

記事を読む

ドッグフードが気になる子犬

ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを与えています。 家庭犬の皆さん

記事を読む

オス犬の去勢手術の時期とメリットは?犬の性格が変わるって本当?

7月10日の週のシオンは忙しかったです。 12日に眼検診、14日に去勢手術がありました。 私たち

記事を読む

ぬいぐるみと犬

愛犬のかかりつけ動物病院の選び方|見るべきポイントは?

獣医さんは、犬の健康面でのアドバイス、診療、治療などを行ってくれる頼れる存在です。 愛犬が健康で幸

記事を読む

眠る犬

【体験談】犬の膿皮症の原因・症状・治療・完治まで

犬は皮膚トラブルを起こしやすいそうで、「膿皮症」は犬種、体格、性別、年齢を問わず犬には多い皮膚疾患

記事を読む

子犬の肉球

犬の肉球のひび割れの救世主【肉球ぷにぷにジェル】FREAi

犬の肉球って、ぷにぷにしていて気持ちいいですよね。 しかし、いつの間に固くなったりひび割れたりして

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑