ラブラドールレトリバーの4歳は良きパートナーに成長する頃だね

公開日: : 繁殖犬ウェルシー

本日、2021年4月14日にウェルシーは4歳になりました。

ユオン君、ココアちゃん、ウェルシーを産んでくれてありがとう!

W-15胎のみんな、お誕生日おめでとう。

カートに乗せられた子犬

今から4年前の2017年の6月3日に、ウェルシーがわが家の4頭目のパピーとして委託されました。

みんなちっちゃかったね。

4歳の誕生日

お誕生日のお祝いに、2頭目パピーのツムギのご家族からおもちゃをいただきました。

犬用おもちゃ

ありがとうございます。

富士ハーネスに出かけたので、盲導犬生活サポートショップに寄って、4歳のお祝いにチャリティーTシャツを購入しました。

売り上げの一部は盲導犬の育成に役立てられます。

ピンクのTシャツを着た犬

富士ハーネスでは、生まれたときからパピーウォーキングの間、お世話になった訓練士さんにお会いできたので、遊んでいただきました。

訓練士と遊ぶ犬

ウェルシーにとっては、これが一番嬉しいプレゼントだったかもですね。

振り返りと現在

ウェルシーって、どんな仔だったのかなあ。

と振り返ってみました。

1.人が大好き

人にじゃれつく子犬

人に可愛がってもらえると思うと興奮して、飛びついたり甘噛みしたりするのが長い間悩みになっていました。

犬の興奮を煽るような人を避けて、落ち着いて撫でてくれる人に触ってもらうようにしました。

とにかく

人=興奮

のスイッチが入らないようにしながら、心の成長を待つという感じでした。

3歳頃から落ち着きが出てきて、大喜びはするけれど、飛びついたり甘噛みはしなくなってきました。

2.新しい環境が苦手

初めての「外」という環境に落ち着けず、ぴょんこぴょんこのお散歩デビューでした。

ぴょんこぴょんこ走る子犬

足裏の感覚が敏感で、踏んだ感触が変わるとびっくりして走り回ったりしていました。

今思うと

キャー!

びっくりしたよ~!!

と「表現が大げさな奴」だったのでしょうね。

パピーの頃は、何度経験させてもいちいち大騒ぎでしたが、最近は足裏「フカッ」とか「ツルッ」とかにちょっとびっくりすることはあっても、次の瞬間には普通に歩くようになりました。

訓練士さんにいつも言われていましたが、年齢がいかないと(心が成熟しないと)受け入れられないこともあるのですね。

3.音に敏感

些細な音にびっくりして一声吠えたりしていましたね。

今は、一声吠えは激減しましたがゼロにはなりませんし、吠えなくても耳をピクピクと動かしたりするので、音に敏感なのはウェルシーの個性なのでしょうね。

4.吠え

それ以外にも、自己主張で吠えたり興奮して吠えたり、月齢が低い頃には何かと吠える傾向がありました。

今は、たまに音に驚いて一声吠える以外に、ウェルシーが吠えるのを聞かなくなりました。

5.興奮をコントロールできるようになってきた

音や新しい環境に対しては、敏感が鈍感にはなりませんが、受け入れるのが早くなったり心の幅が広がったりして、大騒ぎしなくても良いのだと思えるようになったのだと思います。

人に対してもそうですし、一言で言えば

興奮をコントロールできるようになってきた。

のでしょう。

6.刺激に敏感なのは?

ウェルシーはパピーの頃から刺激に敏感な仔でした。

こちら→愛犬の性格を漢字一文字で表すと?

「刺激に敏感」な気質には、強みの面もあり、課題になる面もありました。

【課題】

音や新しい環境、足裏の感覚などに、驚いたり戸惑ったり不安になってしまう。

【強み】

名前への反応が良く、コマンドの入りが良く、理解力も高く、人からの働きかけに高感度で反応する。

成長と共に、課題は問題にならない程度に小さくなり、強味は伸びてきたように思います。

犬の良い面を伸ばすようにしていくことで、苦手な部分も減っていくこともあるので、良い面を伸ばしてあげてくださいね。

と訓練士さんからご指導いただいていましたが、4歳になって

本当にそうなんだな。

と実感できるようになってきました。

人と犬はパートナーだよね

ウェルシーが生後2か月弱で委託され、パピーウォーカーだった約1年間は

「人と一緒に暮らすのは楽しい」ということと、人と一緒に暮らすための生活マナーを「しつけ」という形で教える時期だったと思います。

今は、その土台の上に

「人が上、犬が下」でも「お犬様」でもなく、家族の一員だし、仲間だし、パートナーだよね。

と、良い意味で対等な関係が作られています。

飼主と並ぶ犬

ウェルシーがパピーの頃

心の成長が伴ってくれば、いいパートナーになりそうな仔だよなあ。

と思いましたが、ほぼ予想した通りの仔に育ちました。

良い意味での「化ける」も無く、そのまま育っちゃいましたが、ウェルシーの良いところは伸ばしてあげられたかな?

音に驚いてたまに一声吠えたり、たまに何気なく拾い食いするのはご愛敬ということで(笑)

まとめのようなもの

ウェルシーは4歳の誕生日を迎えました。

パピーの頃は本当に子どもっぽくて、心の成長を見届けられず入所になったのが心残りでした。

4歳を迎えたウェルシーは、争うことを好まず、優しく温厚で聞き分けの良い仔に育ち、安定感が出てきました。

決しておとなしいわけではないのに、周囲の人から

おとなしい犬だね。

と言われることが増えてきました。

ここからしばらくは「充実期」になるのでしょうね。

お互いに仲良くやっていこうね。

とウェルシーに言っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬連れ富士山と桜旅|奥河口湖さくらの里公園&お洒落なイタリアンRistorante Provence
NEXT
犬や猫の飼育に掛かる費用を調べてみた 意外!中型犬より小型犬の方が高額?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    ウェルシーちゃん、4歳のお誕生日おめでとうございます⭐️
    4歳というとまだまだ若くて、でも落ち着きもあって、一番楽しめる時期かもしれませんね。
    4歳の一年もパパさん、ママさんと毎日を元気にイキイキと過ごせますように♪
    大人になったウェルシーちゃんにも会ってみたいです(^^)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ありがとうございます。

      ようやく落ち着いた生活になって、しばらくの期間は充実期になっていくのだと思います。
      1日1日が愛おしいので、毎日を元気に楽しく過ごしていきたいです。

      私もケイン君に会いたいです。
      コロナは無くならないでしょうが、落ち着いたら屋外の人が多くないところに、一緒に出掛けられたらいいな。

関連記事

犬におもちゃとおもちゃではないものを区別するように伝える

わが家にはウェルシー用の大きめのぬいぐるみが、現在2つあります。 白いクマさんは胸のところに「I♡

記事を読む

ケージに伏せる犬

犬は人の気持ちが分かるよね

犬は何でも分かっていると思うときがありますよね。 人の言葉を話すことはできませんが、人をよく観察し

記事を読む

散歩する犬

犬に触ると嫌がる?犬に優しい触り方を子供に教えてあげよう

ウェルシーは人が大好きです。 子供も大好きなのですが、人に対しては嬉しさが先行して興奮してしまい、

記事を読む

眠る犬

【体験談】犬の膿皮症の原因・症状・治療・完治まで

犬は皮膚トラブルを起こしやすいそうで、「膿皮症」は犬種、体格、性別、年齢を問わず犬には多い皮膚疾患

記事を読む

フードを食べる犬

盲導犬繁殖犬飼育ボランティアが繁殖犬と生まれてくる子犬のために心掛けていること

ウェルシーだよ♪ あたしたち盲導犬の繁殖犬は、普段は家庭犬と同じように大好きな家族と一緒に、楽しく

記事を読む

犬との関係づくりを考える|上下関係?信頼関係?人と犬の幸せな関係は?

犬との暮らし方は十人十色なので、それぞれの家庭によって「正解」は違いますよね。 上下関係をしっかりつ

記事を読む

玄関に立つ犬

犬は自分に都合よく解釈する習性を持っている?

春頃からだと思うので、ここ2~3か月ですが、ウェルシーはチャイムが鳴ると吠えるようになりました。

記事を読む

甘える犬

メス犬が発情出血の後に少量の出血!考えられる病気と対策は?

ウェルシーは、6月中旬から7月上旬にかけてシーズンが来ていました。 日本盲導犬協会ではメス犬のシー

記事を読む

先輩繁殖犬飼育ボランティアさんのお宅にお邪魔しました

ウェルシーだよ♪ 先輩繁殖犬のクウちゃんのおうちに遊びに行ったよ。 クウちゃんは、今年(

記事を読む

雨の日も犬のお散歩に行くべき?

今日のウェルシー地方、雨です。 4月だというのにみぞれ混じりの雨。 数年に1回、4月に入っても真

記事を読む

散歩する犬
盲導犬は信号が分からない!交差点を渡るのは大変なのです

ウェルシーは、交差点では自分の前を横方向に通過する車があると、交差点

コスモスと犬
犬が吠えるのは迷惑?飼い主の考え方を変えれば犬も人も楽になる

犬の祖先は狼と考えられています。 人が狼を家畜化(馴化)し、生まれて

散歩する犬
愛犬との別れを考えてみた!元パピーウォーカーの私が家庭犬の飼い主さんに思うこと

私たちは2013年にパピーウォーカーになりました。 そして4頭のパピ

花手水11
犬連れ行田花手水Week|街中に映える美しすぎる花たち

ウェルシーだよ♪ 埼玉県の行田市(ぎょうだし)で、色とりどりの花手水

あじさいと犬
飼主に従わない!自己主張が強い子犬のしつけに悩んでいます

私の知り合いで愛犬の自己主張が強くて困っているという人がいます。

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑