出産から2か月|母犬の回復状況

公開日: : 繁殖犬ウェルシー

ウェルシーは2021年12月6日に2回目の出産をしました。

子犬たちは生後54日目に、それぞれのパピーウォーカーさんに委託になりました。

ラブラドールレトリバー母子

母犬の回復状況

日本盲導犬協会では富士ハーネスに設備が整っているので、ウェルシーも富士ハーネスでスタッフさんにお世話になり、出産育児を行いました。

ウェルシーが富士ハーネスからわが家に帰宅したのは、産後48日目です。

その後、1回目の産後検診は産後53日目、2回目の産後検診は産後61日目でした。

(母犬の状況によって検診の間隔や回数などは違ってきます)

78日目に3回目の検診が予定されていますが、これで終わるといいなあ。

出産から2か月

出産から2か月経ったウェルシーは、体力的には回復と言って良い状況です。

帰宅当初から、お散歩にとても行きたがりましたし、途中の公園でボール遊びなどをするのも楽しみにしていました。

重かったお腹が軽くなって、お乳も張らなくなって、身軽になったからなのか

動くのが楽しい♪

という感じで、とにかく毎日が楽しそうです。

富士ハーネスでも、お散歩にたくさん連れて行ってもらったり、遊んでもらったりしていたのだな、と思いました。

散歩する犬

産後2か月の現在は、体力と精神的には「回復」ですが、体の機能の回復はもう少し、という状況です。

気になる点は今回も、初産同様

  • 湿疹
  • 抜け毛
  • 出血
  • 体重減少

です。

現在、湿疹は綺麗になりました。

抜け毛はものすごい量で、毛の感じがややパサパサしています。

体重は、協会獣医さんご指導のウェルシーの適正体重は、27.0㎏~27.5㎏ですが、現在26.8㎏になり、良好!

と思ったら、獣医さんいわく

確かに身体に肉はついて来ていますが、ほぼおっぱいの重みで、まだまだ細身です。

ということでした。

フードの量は帰宅時が

200g 200g 200g 夜食100g

1回目の検診の後

180g 180g 180g 夜食100g

2回目の検診の後から

160g 160g 160g 夜食100g

と徐々に減らしながら、体重というより体格が戻るのを待つ感じになっています。

ウェルシーは元気いっぱいで、お散歩も楽しく出かけ、ごはんもたくさん食べられるので今は天国ですね(笑)

フードが2回食になるときの

あたしのごはんまだですかビーム(目で訴えてくるので)

が辛いだろうな~。

出血はまだ少量続いていますが、心配は無く経過観察になっています。

出血が止まれば子宮の機能は回復、抜け毛が落ち着き毛艶も良くなれば、免疫力も回復ということになると思うので、もうしばらく見守っていく感じになります。

排泄

わが家では基本犬の排泄は室内ですが、外でも排泄できると助かるので、パピーの時から排泄は室内でも外でも指示でできるように練習していました。

富士ハーネスでは犬のトイレは建物の外なので、ママ犬は帰宅すると室内で排泄していた仔も外派になる仔が多いです。

ウェルシーも初産の時に外派になり、少しずつ室内での排泄もできるように戻していきました。

それでも

ツーは外がいいです。

ということが多く、雨で出られないときなどは諦めて室内でしてくれるので、人の方もまあいいかという感じで外でのツーは許容していました。

今回も帰宅後数日は

排泄は外がいいです。

と言っていましたが、根気よく

お家でね~♪

と言っていたら、わりとすんなり家での排泄もできるようになりました。

ツーも室内でも大丈夫です。

しません。

と言うときは、無理強いはせず時間をおいてから誘うと、してくれる感じですが、ツーを外か室内かどちらでするかの主導権を、若干ウェルシーが握っている感じです(苦笑)。

排泄はこだわりに個体差があったり、デリケートなことなので、あまり強要するとストレスになったり

絶対に嫌です!

となったりもするので、この先もゆるくやっていく予定です。

まとめのようなもの

ウェルシーはとても元気に過ごしていて、ごはんをモリモリ食べ、お散歩もタカタカ歩き遊びも楽しんでいて、とても産後の母犬とは思えないほどパワフルです。

しかし、産後の抜け毛はものすごい量ですし、出血も少量続いています。

身体の機能が回復するのに、初産の時は約3か月と思いました。

こちら→出産後の母犬は体の回復に3か月はかかるらしい

今回は年齢も上がっていますし、もう少しかかるかもしれないと思いながらウェルシーのケアを務めています。

初産の時に、帰宅後も子犬の鳴き声が聞こえると心配して探すことが分かったので、今回はウェルシーに余計な負担をかけないよう、面会時に撮った動画も音を消して観ています。

声が聞こえないと、子犬を探すそぶりはありません。

ママ犬もすっかり甘えん坊の家庭犬に戻っています。

抱っこされる犬

出産育児を頑張った分、心穏やかに、家族に甘えてのんびり暮らして欲しいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
母犬の子育ての違いは子犬の性格形成に影響するの?
NEXT
食前?食後?犬の散歩はどちらに行くのが良いの?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    ウェルシーちゃん、毎日が楽しくて幸せそうですね♪
    帰宅後の様子が微笑ましいです♡
    体調も順調に回復しているようで、本当に良かったです!
    増やしたフード量も、丁寧に減らしていくのですね。
    パパさんとのアマコちゃんライフは完全復帰のようですね(笑)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ウェルシーは、ごはん、お散歩、遊び、の3拍子プラス甘えられる人があれば楽しそうですね。
      お散歩も、たくさん歩きたがるので大丈夫かなと思いましたが、繁殖スタッフさんは
      ウェルシーが行きたがるのであればいいですよ。
      とのことでした。
      フードも体の状態を見ながら減らしていくので、減りつつもまだたくさん食べられそうですね。
      パパとアマコのラブライフは完全復活です♪

関連記事

独鈷の湯

犬と歩く修善寺温泉街道|伊豆の小京都を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 修善寺温泉は今から約2000年前に弘法大師が発見した温泉と言われていて、伊豆を代

記事を読む

犬にコマンドに従うことを教えるが自ら考える力も伸ばしたい

最近、ウェルシーと暮らしている中でいわゆる「コマンド」を使うことが減ってきました。 日本盲導犬協会

記事を読む

後追いはしなくなってきたが甘えん坊には変わりない犬

ウェルシーは、後追いする仔でした。 人がちょっとでも動くと、寝ていたはずなのに ママ、ど

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがありました。 犬は保護団体に保

記事を読む

散歩する犬

犬に触ると嫌がる?犬に優しい触り方を子供に教えてあげよう

ウェルシーは人が大好きです。 子供も大好きなのですが、人に対しては嬉しさが先行して興奮してしまい、

記事を読む

体重測定

太った?体重測定と体型チェックをしてみた

ウェルシーだよ♪ おうちに帰ってきたばかりの頃、パパが ウェルシー、ちょっと丸くなった? って

記事を読む

うちのお散歩ルールはとっても緩い

ウェルシーだよ♪ ママと一緒に公園にお散歩に行ってきたよ。 10月も半ばになってきて、秋

記事を読む

座る犬

犬の出産後のごはんと産後生活を楽しむ無邪気な犬

ウェルシーは2021年12月6日に2年ぶり、2回目の出産をしました。 妊娠、子育てを無事に終了し、

記事を読む

散歩する犬

犬の2歳は反抗期?落ち着きが出てくる頃?

2019年4月14日 ウェルシーは2歳の誕生日を迎えました。 父犬ユオン君、母犬ココアちゃん

記事を読む

マットに伏せる犬

犬が手足を舐めるのはストレス?寝る前だけや舐め続けなければ心配無し

犬のしぐさを見ていると手や足を舐めていることがありませんか? ウェルシーは前足をペロペロ舐めている

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑