食前?食後?犬の散歩はどちらに行くのが良いの?

公開日: : 散歩

犬の散歩は、朝や夕方に行く人が多いように感じますが、食前と食後どちらに行くのが良いのでしょうか?

信号待ち

結論は、注意点はありますが「どちらでもいい」です。

それぞれのメリットとデメリットを調べてみました。

食前の散歩

1.メリット

ラブラドールなどの大型犬は、食後すぐにお散歩に連れて行くのは胃捻転や胃拡張のリスクが高まると言われているので、食前の散歩の方が安心感があります。

(大型犬の方がリスクが高いだけで、小型犬や中型犬にはリスクが無いということではありません)

関連記事→恐怖!犬の胃捻転 原因・治療・予防について調べてみました

2.デメリット

犬によっては、空腹で散歩に連れて行くと低血糖になったり、エネルギー切れのようになったり、胃液を吐いてしまう仔もいます。

また、空腹状態での散歩は拾い食いが増えるとも言います。

食後の散歩

1.メリット

ポチャわんのダイエットには

「食後1時間後に散歩」が効果的です。

これが犬にとって最も糖分を燃焼しやすく、ダイエット効果が高い散歩のタイミングです。

食後1時間経てば、胃から腸へと食べたものが移動して、いい感じに食べた食事の糖分が血液中に含まれ、血糖値が上がっている状態になります。

このタイミングで適度な運動をすれば、糖代謝が効率よく行われ、痩せやすくなるということです。

2.デメリット

食べてすぐ散歩に行くのは、胃捻転や胃拡張のリスクが高まると言われています。

人も食べてすぐに動くと、お腹が痛くなったりしますよね。

では、どのくらい休憩すれば良いのでしょうか?

それは食事量によります。

一般的にはその仔の通常の食事量を食べた場合には2時間程度、軽い食事の場合は1時間程度の休息が必要と言われています。

フードを与えてから散歩まで2時間も待てない場合には、半量程度与え1時間くらい経ってから散歩に行き、帰宅したら残りのフードを与えるのも良いかもしれませんね。

散歩をどう考えるか?

ということも大切です。

散歩を「運動」と考えいていて速足で歩くのであれば、食後少し休んだくらいの散歩は胃捻転などのリスクを考えると危険です。

ゆっくり歩くのであれば、適度な休憩を取って出かければ問題ありません。

愛犬の状態を観察して、休憩時間を考えてあげましょう。

まとめのようなもの

犬の散歩は食前と食後のどちらに行くのが良いのか、考えてみました。

わが家では人のライフスタイルを考慮した結果、朝の散歩は「食前」、夕方もしくは昼間の散歩は「食間」に行っています。

夏の夕散歩は日が落ちてから行くので「夕食前」になりますね。

散歩はゆっくり歩いた方が、犬も人もリラックスできるので、私たちは

ゆっくり歩こう~。

ということにしていますが、途中の公園でボール遊びをすることもあります。

運動の要素が入る日もあるので、散歩は食前や食間に行くのが、遊び好きなウェルシーのライフスタイルにも合っていますね。

そんなに遊びたがらなくなる日もいつかは来ると思うので、年齢と共に変わってくるかもしれませんね。

散歩する犬

「食前散歩」と「食後散歩」

結論としては「どちらでも良い」と思いますが

  • あまりにも空腹だったり満腹状態のときを避ける。
  • 家族の通勤通学など、ライフスタイルを考慮する。
  • 愛犬の特徴(例えば食前の散歩だとソワソワしがちなど)を考慮する。

などから、愛犬と家族の都合に合わせて散歩に行く時間を決めれば良いと思います。

ダイエットには、食後1時間後の散歩が効果があるということです。

適度な有酸素運動ということなので、ハードな運動をしたい場合は「食間」の散歩が良いと思います。

そして、ダイエットのためには食べ過ぎてはダメですよね♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
出産から2か月|母犬の回復状況
NEXT
【年間パスポート】国営昭和記念公園で作ってみた!全国の国営公園で使用できるよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

no image

犬がアイコンタクトをしない|お散歩でのアイコンタクトの教え方

昨日、ウェルシーが初めて人を見上げるようなアイコンタクトをしてくれたことを記事にしました。 見上げ

記事を読む

やんちゃなラブラドールレトリバーの子犬|お散歩デビューは遊びになっちゃった

わが家の家庭の事情により、シオンは現在ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいています。 預

記事を読む

お散歩 犬に試されている?

昨日に続きお散歩のお話です。 ある日の朝、お散歩に行きました。 まだ6月ですが、晴れると

記事を読む

膝で丸くなる子犬

犬の冬の散歩は億劫だよね?工夫して楽しもう

シオン地方の冬は晴天率が高いです。 晴れて乾燥して 山の向こうは雪なんだろうな~。 と感じる冷

記事を読む

アイコンタクト見上げる子犬

お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね

お散歩デビューをした当初のパピーの歩き方は、その仔その仔で本当に個性があります。 ウェルシーの場合

記事を読む

飼い主に意識を向ける子犬

お散歩デビューから4日目!子犬に外の楽しさを知ってもらおう

お散歩デビューから4日目 6月27日のウェルシーの様子です。 道路に降ろすとまずくんくん。 毎

記事を読む

散歩する犬

子犬が急に散歩嫌いになってしまった!理由と対策を考えてみた

子犬を迎えて、ワクチンプログラムが終わるとお散歩デビューになりますね。 子犬のお散歩デビューの様子

記事を読む

散歩する子犬

子犬のお散歩の練習!慣れるまではじっくり楽しく体験させよう

あと1週間くらいで生後6か月になるウェルシーですが、まだまだお散歩は大変です。 少しずつ練習してい

記事を読む

道路のにおいを嗅ぐ子犬

わんこの拾い食い 好みもそれぞれ

ウィンダムママさんから、現在パピーウォーキング中のヴィヴィアンちゃんが、お散歩中に他犬(猫)のフンを

記事を読む

散歩する子犬

散歩デビューから2週間!子犬が外の世界に慣れるのには時間がかかる

ウェルシーがお散歩デビューをしてから約2週間が経とうとしています。 梅雨時なのですが、今のところ1

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑