犬にジャーキーを与えるのは身体に悪いの?

公開日: : 健康管理

*記事には広告が含まれていることがあります。

犬用のおやつがいろいろと販売されていますが、ジャーキーは犬が喜びそうですね。

犬友さんから、ジャーキーはあまり与えない方が良いと聞いたのですが、どうなのでしょうか?

座る犬

ジャーキーは身体に悪いの?

犬にジャーキーを与えるのは危険という説があります。

なぜでしょうか?

中国産ジャーキーは避けた方が良さそう

調べてみると、10年くらい前に中国産のジャーキーを食べたアメリカの犬が大量死したというニュースがあり、それから「ジャーキーは危険」みたいなイメージになったようです。

2013年ですがCNNの記事です。

こちら→ペット用ジャーキーで犬猫に被害、大部分が中国産か

詳しくは記事をお読みいただければと思いますが、ざっくりまとめると

米食品医薬品局(FDA)は、ペット用おやつのジャーキーを食べた犬や猫が具合が悪くなったり死んだりするケースが続出しているとして、獣医師や飼い主に注意を呼びかけた。

FDAによると、2007年以来、犬3600匹以上と猫10匹について、ジャーキーを食べさせた後に具合が悪くなったという報告が寄せられた。このうち580匹以上が死んだという。

注意を要するのは特定ブランドに限らず、「数多くのブランドのおやつ用ジャーキーで症例が報告されている」とFDAは説明。

「唯一共通しているのは、チキンまたはカモ肉のジャーキーを食べたという点で、大部分は中国から輸入されたものだった」としている。

動物医薬品センターの幹部は「我々が扱った中でもこの問題は特にとらえにくく、謎が多い」と話す。

原因となったジャーキーの大部分は中国産とみられる。ただ、これまで1200以上のサンプルを検査したものの、原因は特定できていないという。

赤文字は管理人が装飾しました。

注意を要するのは

  • 特定ブランドに限らず、数多くのブランドのおやつ用ジャーキーで症例が報告されている。
  • 大部分が中国産であったこと。

不安な点は

  • 原因は特定できていない。

ということですね。

中国産のジャーキーは、犬には与えない方が無難かもしれませんね。

市販のジャーキーに含まれる添加物

私自身は、食品の添加物を過剰に忌避する必要は無いと思っていますが、あえて身体に取り入れる必要も無く、避けられるのであれば避けたいと思っています。

写真は試供品としていただいたジャーキーです。

納豆菌配合となっていて、身体に良さそうなイメージがあります。

着色料 無添加

と大き目な文字で書いてあります。

納豆ジャーキー

しかし、カタカナ表記の柔軟剤や、PH調整剤や、酸化防止剤は安全なのでしょうか?

そもそもジャーキーは「嗜好品」で、犬にとって絶対必要な食べ物ではありません。

必需品ではない食べ物を、不安を感じながら食べさせることも無いかな。

というのが私の考えになります。

ジャーキーは栄養が偏っている

嗜好品なので当然ですが、ジャーキーは栄養バランスに偏りがあります。

こちらの商品は、添加物の表記はありません。

ササミジャーキー

栄養素は、たんぱく質の量が88.1%以上となっていて、たんぱく質が突出して高いことが分かります。

先程の商品でも、たんぱく質は30.4%以上となっています。

納豆ジャーキー

一般の総合栄養食のドッグフードのたんぱく質の量は20%~30%が多いので、まあ高めというところでしょうか。

犬にたんぱく質を与えすぎると、腎臓や心臓に問題が出やすくなります。

たんぱく質は、ストルバイト尿石の原因になることもあります。

犬にとってたんぱく質は重要な栄養素ですが、摂り過ぎもまた健康を損ねるということなのですね。

手作りなら安心?

ジャーキーを手作りした場合はどうでしょうか?

添加物は含まれないので、その点は安心ですね。

ただ、お肉をジャーキーにすると「かさ」は減りますが、たんぱく質やカロリーは減りません。

小さくなっているので、ついつい与えすぎてしまうことが日常になってしまうと、やはり栄養バランスが崩れて犬の健康面では悪影響になりますね。

与える目安は?

おやつを与える目安は、重さ(g)ではなく、カロリーで食餌の1割くらいと言われています。

正確な数字が必要なわけではないので、私の場合はササミ1本が約50gで約50Kcalと(実際は49Kcalとか48Kcalとかみたいですが、キリのいい数字で)覚えておき、それを基準にしています。

6歳11か月現在のウェルシーの1日の食餌は1000Kcalくらいなので、おやつは100Kcal、ササミ2本分はOKということになります。

しかし、1割と言えど毎日食べればチリツモで太っていくので、たまに与える分にはフードはそのままでも構いませんが、ほぼ毎日おやつを与える人はフードも1割減らした方が良さそうですね。

まとめのようなもの

ジャーキーは嗜好性が高く、多くの犬が喜んで食べてくれるおやつです。

しかし、市販のジャーキーには添加物が多く含まれている商品もあるので注意が必要です。

無添加の商品や手作りであっても、高たんぱく質な食べ物なので、与えすぎると健康を損なうリスクがあります。

中国製品は避けた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク
PREV
手作り犬ごはんに挑戦したい!【7歳からの老犬ごはんの教科書】を読んでみました
NEXT
愛犬の健康寿命を延ばすには

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

床で眠る犬

【体験談】犬のよだれ焼け(髭焼け)今年はバッチリ!中性電解水で予防に成功しました

ウェルシーは、暑さでハアハアとパンティングすることが多くなるためか、毎年夏になると口の周りの毛がよ

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

お姉さん座り

犬の可愛い座り方は病気のサイン?お姉さん座りとか胡坐とか

犬が座るのは自然な動作ですが、座り方によっては病気が隠れている場合もあるそうです。 正しい座り方と

記事を読む

散歩する犬

愛犬の健康寿命を延ばすには

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーの健康診断(血液検査・尿検査)に行ってきま

記事を読む

犬の下痢予防のために気をつけている3つのこと

11月も半ばになって、だいぶ冷えるようになりましたね。 寒暖差が大きく人も辛いですが、みなさんの愛

記事を読む

水を飲む犬

夏だけじゃない!冬も犬の脱水症に注意しよう

*記事には広告が含まれていることがあります。 犬の脱水症というと、暑い時期に起こりがちだと思ってし

記事を読む

座る犬

犬も寒暖差で体調を崩す 季節の変わり目は体調管理に気をつけよう

11月を過ぎて朝晩めっきり冷え込むようになりました。 1日のうちでも寒暖差が大きくなり、体調を崩し

記事を読む

朝散歩

ツムギの咳は、悪化もしない代わりに抜けきりません。 治りそうで治らない日々が続き、嫌な感じです

記事を読む

仰向け抱っこされる子犬

子犬のお手入れは赤ちゃんをあやすように優しくね

ウェルシーは、撫でられるのは大丈夫ですが、ブラッシング、歯磨き、爪切りなど、お手入れ全般が嫌いです。

記事を読む

暑い~。舌を出す子犬

本格的に暑くなる前に!わんこの暑さ対策を始めよう

今年の冬は寒かったです。 お彼岸の頃も寒かったので 今年の春はなかなか暖かくならないのかな?

記事を読む

野鳥の森入り口
犬連れ軽井沢|星のエリア「野鳥の森」で避暑そして自然を満喫

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ まだ

下りの段差
盲導犬PR犬が盲導犬について少しお話しするよ

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ あた

スロープデッキ
おだわら諏訪野原公園|犬の散歩と子どもとのお出かけに最高!

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ おだ

アルカディア広場
小田原フラワーガーデン|犬連れで1年を通して楽しめる植物公園

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 神奈

ピンク色の藤
犬連れふじの咲く丘~庚申山総合公園散策|群馬県の春を満喫しよう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 群馬

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑