子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

公開日: : 第二話 ツムギ, 犬育て

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変という感じはありません。

自己主張が出て来る月齢なので、人の言うことに「やだ!」ということもあります。

犬が言うことを聞かないときは?

犬にも心があるので、人の言うことを聞きたくないときもあり、言うことを聞かない理由もありますね。

対応はその仔の性格を見ながら考えていく必要がありますが、ツムギの場合は

いいから言うことを聞きなさい!

と強制してしまうと頑固になります。

なので、ツムギの言い分にも耳を傾けてあげるようにしています。

犬の言い分を聞き提案をしていく

例えば、排泄をさせてお散歩に行きたいとします。

つむたん、ワンツーしよう。

やだ!

(ツムギは伏せたり、仰向けになって「嫌です」を表現します)

そっか、今は出ないんだね。

じゃあ、お散歩ごっこしよっか。

ここで一旦ツムギの「嫌です」を受け入れてあげて、違う提案をします。

ツムギにリードをつけます。

ツムギはお散歩に行けるのかと思って立ちます。

リードをつけたまま家の中をぐるりとお散歩。

その勢いでトイレサークルに入れてワンツーワンツー。

ちゃんと排泄してくれます。

Good~♪

排泄ができたので、本当の「お散歩」に出かけます。

排泄をさせてから散歩。

というこちらの希望はバッチリですね。

結果、お散歩に行けるのでツムギも満足です。

WinWin☆

Goodで終われるように持って行くのがポイントでしょうか?

パターンは、いくつか考えないとすぐに意図を見破られますし、いつもうまくいくとも限りません。

犬は賢いので、根気と知恵比べですね~。

この時期の対応は、イズモの時に訓練士さんに相談したところ、訓練士さんは

イズモの言い分を聞いてあげながら、最終的に人がこうしたいと思っている方向に持って行ってください。

と言いました。

この方法はイズモには合っていましたが、ツムギにも使えそうです。

寝ている時は天使のように可愛いツムギ。

反抗期でも可愛いから許しちゃう!(笑)

抱っこされて眠る子犬

まとめのようなもの

子犬の生後6か月頃から9か月頃は、こどもからおとなに成長するときで、人に当てはまると思春期のような時期になります。

「反抗期」という言い方は人目線で、上から目線ですが、人にとって反抗的?と思える態度を取る仔もいます。

かなり強い表現の仔もいますし、反抗期なんてなかったなあ、という仔もいるようですね。

反抗期の表現は、その仔によっていろいろですね。

自分を表現するという気持ちを肯定的に受け止めて、うまく対応できなかったら訓練士さんに相談しながら、この時期を楽しんで過ごしていきたいです。

また、集中力が無くなったり、意欲が低くなるという仔もいるそうなので、ツムギの様子を見ながら対応を考えていきますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ツムギ生後7か月齢の備忘録
NEXT
子犬用フードはいつまで?ドッグフードの切り替え時期と方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    久しぶりにツムたんの記録をため読みしました!(*^_^*)
    ツムたん、反抗期?
    なんだか、「あれ?これはもしかして反抗期?」という感じですね。
    うちの2頭は1歳3か月を過ぎましたが、反抗期、とはっきり感じることは
    なかったような。

    ツムたんの「ヤダ!」のママさんの対応が素晴らしいです!
    やっぱ、人も犬も子育ては似ているな、と思います。
    うちは、ママが有無を言わさぬオーラを発しているようで(^_^;)
    ツムたんママの爪の垢をいただきたいくらいです。

    少し見ない間に、グンと成長しましたね。顔もまた変わったみたい。
    相変わらず甘え上手でかわいいです!
    涼しくなって、犬と歩くにはとてもいいです。
    うちの夏は終わりました。
    今度は、秋冬の山々を駆け巡ることに思いをはせている今日この頃です。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      気付くと、あれ?わかっているけどやりたくない?
      という時があるよね~という感じですね~。
      まあ・・・可愛いものです☆

      対応は訓練士さんに教えてもらったので、私のオリジナルではありません。
      有無を言わさずパッと対応する方がうまく行く仔もいるので
      ロッキー&ランボー君にはそれが合っていて
      反抗期もすんなりと乗り越えたのだと思います。
      ママさんの言うことはしっかり聞けて、伸び伸びと育っていて
      お会いした時に、いいこに育てているな~と思いました。

      秋冬も思い切り楽しみましょうね。
      ツムギとは雪が降る前にさよならになるかもしれないので
      短い冬をおもいきり楽しく過ごしたいです。

  2. サナ父ちゃん より:

    つむたんの寝顔、ホントかわいい♪ですね。
    寝顔、見るたびに「この仔の為に、日々、頑張ろう!」と心に誓って頑張りました。

    ワンコがいるだけで、毎日が幸せだったなぁ…

    すいません、感傷に浸っている場合じゃないですよね(笑)。

    「ヤダ!」を受け入れて、最後「Good~!」で終わらせて、人が望んでいることを理解してもらう、そしてそれを前向きに楽しく、

    「いいよ~♪」

    ってしてくれるようになることが出来れば、協会に胸を張ってつむたん、お返しできますよね。

    でも、一番いい時に別れが来るのが私的には辛いところです…

    桜が咲き誇る中、つむたん見送ることが出来れば、いいですよね…
    門出に桜、添えてあげたいですね…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      子供の寝顔は(犬でも)癒されますね。
      安心しきって眠っているのを見ると
      頼られていることを自覚し、頑張ろうと思いますよね~。

      お互いに家族になって、心が通じるようになってきて
      いいこになってきたな~。
      と思うと帰っちゃうんですよね。
      可愛い盛りのお別れを受け入れるのが
      PWの最大のお仕事ですね~。

      桜の開花と共に、ツムギはわが家にやってきたので
      桜の花の中を見送れたらいいなと思います。

関連記事

隙間に入る子犬

子犬を迎えたら|しつけの前に「子犬にはできないこと」を理解しよう

私たちはパピーウォーカーだったので、いつも家に来るのは子犬でした。 パピーウォーキングにはいろいろ

記事を読む

膝の上で眠る子犬

怖がりな子犬かも?

ツムギが家に来て約2週間。 だんだんその仔らしさが見えてくる頃ですが、ツムギには怖がりな傾向がある

記事を読む

要求吠えの代わりにどうすれば願いが叶うのだろう?

ウェルシーは家に来た頃、わりと吠える印象がありました。 たくさん吠えるわけではないのですが、何かと

記事を読む

座る犬

犬に信頼されるには|母親のコミュニケーションをマネしよう

前回の記事では、犬に信頼される飼い主さんになるためには、信号機みたいに分かりやすくて一貫した態度で

記事を読む

子犬の社会化 街を歩いてみよう

普段のお散歩とは少し違う雰囲気を体験してみることにしました。 ツムギは車を降りての歩き

記事を読む

未来に乾杯 育てたパピーがキャリアチェンジになり譲渡先が決まりました

島根でのツムギとの面会から早2か月余り。 関連記事→笑顔をその胸に焼きつけて 日本盲導犬

記事を読む

お散歩 呼ばれて笑顔のはずが・・・

西から梅雨に入ってきましたね。 わが家の周りでも紫陽花が咲いてきましたよ。 わが家の庭の

記事を読む

撫でられる犬

犬が家族によって態度を変えるのはなぜ?私は犬にバカにされているの?

犬が人によって態度を変える。 というのは多くの飼い主さんが経験しているのではないでしょうか? 家族

記事を読む

隙間に入る犬

知能犯?人の気を引くために視界から消える子犬

子犬は人の気を引くためにいろいろなことを考えますね。 犬は「社会性のある動物」なのだな、と改めて思

記事を読む

子犬と遊ぶ「かごめかごめ」待てを強化できるかも?

先日の3回目のレクチャーの時に、Y-13胎(3か月齢)のあるパピーウォーカーさんがやっていた遊びです

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑