ツムギ生後7か月齢の備忘録

公開日: : 第二話 ツムギ

8月23日でツムギは生後7か月齢になりました。

子供から大人への階段を上がっていきますね。

フードも子犬用から成犬用に切り替えていきます。

パピーウォーキングも折り返し付近にやってきました。

体重は23kgを超えて来ました。

ここからは成長が落ち着いてくるので、体重もそれほど増えなくなっていくと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツムギが家に来たのは生後9週齢でした。

ちっちゃかったですね~。

DSCF9149

ツムギはどんな仔かなあ~と私たちなりに観察してきたところ

①人も犬も好きな人懐こい仔

②甘えん坊

③穏やかな仔

④慎重な仔

細かいところはいろいろありますが、アウトラインはこんな感じです。

今は

①人も犬も大好きな人懐こい仔

が最前面に出ていて、社交的で天真爛漫な印象が強いです。

人や犬に会うと嬉しい興奮をストレートに表現するので、犬好きな人もちょっと引きますし、他犬は明らかに嫌がります。

そのため

③穏やかな仔

というのが

誰のこと?

みたいになっていますが、ひとしきりすると落ち着くのでこれからの心の成長を見守りたいと思っています。

④慎重な仔

初めてのものや見慣れないものをとても警戒するので、一見怖がりのように見えますが、ツムギは怖がりではなく慎重なのだと思っています。

怖がりとは、怖がる必要がないことはわかっているけれど、怖いものは怖い。

ゴキブリさんは毒も持っていないし、刺したり噛んだりもしないことはわかっていますが、部屋で発見すると「ぎゃ~!!」と思う私はゴキブリに対して怖がりですね。

慎重な人は、ゴキブリという生き物がどんな生き物なのかわからないうちは、よ~~~く観察したり調べたりします。

そして無害とわかると、怖いものではないと判断して落ち着いて対応できます。

もし有害な生き物であれば正しく怖がります。

最近のツムギは経験値が増えてきたので、初めてのものも受け入れが早くなりましたし、経験したものは怖くないと思えるので大胆な一面もでてきました。

お散歩も大好きになってくれました。

車酔いもほぼ克服しました。

こんなふうに自分に自信がついてきたので、今を生きていることが本当に楽しそうです。

わかっているけど、いうこと聞かないよ。

という時もありますが、ツムギの成長を見守りながらパピーウォーキングの後半戦を楽しんでいきます。

関連記事→ツムギ生後6か月齢の備忘録

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
今日のお散歩
NEXT
子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    つむたん、もう23kg超えですか〜!
    スリングに包まれているパピーのつむたん、ちっちゃ〜い♡
    いつの間に心も体もこんなに大きくなったのでしょうね。

    そういえば最初の頃は散歩や車もちょっと苦手でしたよね〜
    PWさんとパピーがお互いに信頼しあい力を会わせて成長していってるんだな〜と、つむたんブログを見てしみじみ思いました。
    大人の階段を登っていくこれからのつむたんの成長も楽しみにしていますね〜♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      犬の成長は早いですね。
      ここまでは伸びをするたびに大きくなり
      日に日に重くなる印象でした。
      ツムギは女の子なので、そろそろ身体の成長は落ち着くと思います。

      ツムギは、初めてのことに抵抗を示すことが多かったので
      何事もツムギのペースを大事にして来ました。
      パピーは自分で成長するチカラを持っているので
      ゆっくり見守っていきます☆

  2. サナ父ちゃん より:

    チョイわがままなぐらいがカワイイですよね。
    ですので、ついつい色んな事許しちゃうことが多かったことを思い出します。

    その度にかみさんがうまくサナをフォローして個性を潰さずにある程度きちんとデキるようにしてくれたのかなぁ…

    1年前のことですが、つい最近のことのようでもあり、遠い昔のようでもあり。

    つむたん、天真爛漫、社交性豊か、人も犬も大好きで甘えん坊さん、初めて経験することにはチョイ慎重、ですよね♪

    サナと似ているところいっぱいです♪
    きっと、ママさんパパさんの元できっと情の深い、わがままなくせにいざとなると優しい仔にきっとなってくれると思いますよ。

    自分達の娘にとってもよく似たつむたんのこと、応援してますからねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      あまり優等生でもロボットみたいで面白味が無いかもしれませんね。
      少しワガママを言っても
      サナちゃんがいいこに育ったのは、奥様のお蔭ですか?(笑)
      きっと夫婦で接し方のバランスが良かったのでしょう^^

      ツムギはポーカーフェイスみたいなところがあり
      誰にでも愛想はいいですが、執着もしません。
      その時一緒にいる人と、最高のパートナーになるかもしれませんが
      意外に薄情な奴かもしれません・・・。
      協会っ仔らしいといえば、らしいかも。

関連記事

ツムギ生後4か月齢の備忘録

ツムギは5月23日で生後4か月になりました。 生後3か月頃から部屋でのトイレはほぼ完璧になった

記事を読む

遠く離れていても・・・ 盲導犬寄付金付「スマイルカレンダー」

北海道盲導犬協会コラボの2016年スマイルカレンダーを購入しました。 裏面は

記事を読む

子犬の社会化 大王わさび農場

8月の最終週末、ツムギを連れて1泊旅行に行きました。 まだまだ残暑は厳しいと考えて旅行の計画を

記事を読む

掃除機を確認する子犬

犬に掃除機は怖い物ではないと教えるには

子犬は、母犬や兄弟犬から離れて人と一緒に生活をするようになると、人との暮らしの中でいろいろなものを経

記事を読む

抱っこされる犬

ツムギ生後8か月齢の備忘録

早いもので9月23日でツムギは生後8か月齢になりました。 体重は23.5kgくらいで、先月とほ

記事を読む

子犬 歯の生え変わりが始まったよ

昨日、ツムギの口元がいつもとなんか違う!と気付きました。 おっ? 下の前歯が一本

記事を読む

甘えん坊復活

朝晩を中心に涼しくなってきたためか、気付くとお膝にやってくるツムギです。 暑い間も全く来なかっ

記事を読む

大人と子供が同居する生後4か月ちょっと前

最近のツムギは つむたん、ごはんだよ。 House と言ってケージに入った後、扉を

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

この温もりを Part2

甘えん坊のツムギ。 いつもパパのお膝が指定席。 どーよ、このだらけきったお姿。

記事を読む

隙間に入る子犬
子犬を迎えたら|しつけの前に「子犬にはできないこと」を理解しよう

私たちはパピーウォーカーだったので、いつも家に来るのは子犬でした。

散歩する犬
凶暴な犬は飼い主が作る?犬が攻撃的な行動を見せるときの対処法

人に対して犬が吠える、唸る、噛むなどの行動を取ると、反抗的だとか攻撃

散歩する犬
犬のマーキングの意味と盲導犬がマーキングをしない理由

お散歩中にオス犬が片足を上げて、あちこちにチョロっとおしっこをひっか

座る犬
犬に信頼されるには|母親のコミュニケーションをマネしよう

前回の記事では、犬に信頼される飼い主さんになるためには、信号機みたい

抱っこされる子犬
犬に信頼されるには|分かりやすく一貫した態度で接しよう

あなたは、愛犬に信頼されていますか? この仔、本当に自分のことを信頼

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑