子犬の生後4か月はいろいろなことをどんどん吸収する時期

公開日: : 第二話 ツムギ, 社会化

5月だというのに、連日暑い日が続くつむたん地方です。

ある日のことです。

暑さのせいなのか、毎日こんな格好で寝ているお嬢様。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツムギ姫と申します。

いろいろなことが分かってくるお年頃

ツムギは爆睡していましたが、駐車場に車が入ってくる音に反応。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ばさっ!と起きて玄関へダッシュ!!

パパだ~!!パパだ~!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パパ~!お帰り~。

ねえあそぼ。

あそぼ。

尻尾フリフリ、大歓迎のツムギです。

こんなのを見たら、パパは遊んであげない訳にはいかないよね~。

見知らぬものを怖がる犬

パパは何やら大きめの布製の袋を持っていますが、家に来た頃のツムギは、この袋もアタッシュケースもスーパーのビニール袋もゴミ袋も、宅急便のお兄さんが持つダンボール箱も、み~んな怖がりました。

人が手に持つ大きめのものは、ツムギにとっては自分の上の方で動く、動きが予測できない怖いものという認識だったようです。

生活の中でだんだん慣れて反応しなくなってきました。

人にとっては何気ないことでも、犬は一生懸命観察して人の生活に順応しようとしているのですね。

それだけだって偉いぞ~!!

と成長を褒めてあげたくなりますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

散歩全面解禁まであと少し

週末はノミダニのお薬、フロントラインの予定です。

いよいよどこへでもお散歩に行けますよ~。

わが家にツムギがやってきて2か月経ちました。

来た頃はトイレの失敗やイタズラをしないかと、ツムギに注意を向けていることが多かったです。

今は生活に溶け込んできて、暮らしの中にツムギもいるという感じで自然体になってきました。

パピーウォーキングはここからが楽しくなってきますね←また言ってる。

まとめのようなもの

生後4か月になる頃までに排泄の失敗がほとんどなくなり、生活リズムが整ってくると暮らしやすくなってきますね。

日常の生活音や、日常に登場する物にも慣れて、世界を広げています。

新しいことをどんどん吸収できるお年頃なので

人にとって好ましいことや好ましくないこと。

生活のルール。

なども、楽しく教えて行けたらいいなと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
クールベストは夏のお散歩を快適にする犬服
NEXT
初めてのフロントライン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. 我が家も今日ワクチン終わって明日フロントラインです。なんでかな?一ヶ月先輩のつむたんにお注射追いついてる??
    北盲からきたので、タイムラグがあるんですかね?

    マダニ怖いので、我が家も早速明日行ってきます。
    草の上デビューは1週間後ですが、絶対に芝生や草食べるであろうウォル太。
    つむたん、どうでしょうね?
    何だか反応みるのが楽しみですね!!

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      そうなんですよ。
      北盲から来たからなのでしょうか?
      ワクチンプログラムが遅いんですよ。
      3月28日委託でしたが、2回目のワクチンは4月末。
      3回目のワクチンは5月末。
      お散歩デビューが遅くて、抱っこ散歩が長かったです。
      スリングなのに10kgになっちゃって、重くて大変でしたよ~。
      草や芝生はきっと食べますよね。
      行動範囲を広げられるので楽しみですね~。

  2. サナ父ちゃん より:

    仕事帰りに

    「お帰り~♪」

    って、しっぽブンブン振りながら迎えてくれたのを思い出しました。

    どんなに疲れていても、仕事でいろいろあった後でも、あの「お帰り~♪」で全て忘れちゃうことができました。

    最近、やっと慣れましたが、入所直後はめちゃくちゃ寂しく、辛かったです。

    またこんな温かい毎日を送ることができればなぁ…と。

    かみさんが社会復帰する考えなので、もう少し先かなぁ…

    我が家も夫婦二人暮らしなので、夫婦で協力しないとパピ-ウォーキングも難しいですからね。

    まずサナの行く先が気になります…
    気持ちてしては、サナがもう帰って来ないことが決まるまでは…

    ってトコです。

    それにしても、つむたんの成長、めっちゃ早いですね。
    もう、こちらの気持ちも判ってくれるでしょうから、ホントにこれからの生活が楽しくなってきますね。

    うちのかみさんもサナにいっぱい寄り添ってもらって、たくさん励まされたみたいです。

    将来の盲導犬を育てる使命はありますが、せっかくの機会ですし、ワンコとの触れ合いを楽しみ、お互いの信頼関係を高めてつむたんの社会化、って表現がいいのかな、それを後押ししてあげれたら、こんな素晴らしいことはないですよね。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      やっと、車が駐車場に入ってくる=パパ帰宅
      が結びついてきたようです。
      夫は帰りが遅いことが多いので、ツムギはケージで寝てしまっていることが多く
      この先、何回「お帰り」と出迎えることが出来るでしょうかね?
      パピーとの生活は、一つ一つが本当にかけがえのない時間ですね。

      盲導犬の候補犬を育てるという、社会的役割はありますが
      ご縁のあったパピーと、たくさん触れ合って良い時間を過ごしたいです。

      サナ父ちゃんさんもPWに復帰できる日が来るといいですね。
      でも、社会に出て働くというのもとても素晴らしいこと。
      奥様の社会復帰を応援しています!

  3. 日ごろ何気なく持っているカバンも、言われてみればパピーにとっては怖いものなのかもしれないですね。
    ツムたん、しっかりと社会化できて偉いぞー
    これから土や芝生の感触を味わったり、社会化の幅も広がりますね。
    もう少し経つと海にも行けますし、まさにここからです。
    存分に楽しんじゃってください。

    • gd.vol より:

      イーリィの父さん
      物に対する反応は個体差があって面白いです。
      イズモは物は人が手に持った途端におもちゃだと思い
      「何それ?何それ?新しいおもちゃ?あそぼ、あそぼ」
      という感じでしたが
      ツムギは人が物を手に持つと怪しい奴だと思うみたいです。
      特に高い位置だと怖がるので、怖がらせないように気を付けています。
      見慣れてくると「な~んだ」という感じになるので
      なるべくたくさんの物を見せなきゃいけないかなあ・・・と思っています。

      これからいろいろな所へ出かけられます。
      車酔いが克服できそうなので
      存分に楽しめちゃうかな~と期待しています。

  4. くるみ より:

    いよいよ おでかけが楽しくなりますね。梅雨、夏の暑さが今から大変ですが…
    いっぱい経験していくんですね。

    • gd.vol より:

      くるみさん
      チョコちゃんのブログの写真を見ましたが
      そちらも日差しが強そうですね。
      犬も人も大変な季節になりますが
      お互いに身体に気を付けて過ごしましょうね。

関連記事

2か月の子犬はじめてのお留守番

子犬がやってきて1週間。 ツムギにお留守番に挑戦してもらいます。 わが家は日中は私一人になるので

記事を読む

パピーウォーキングの醍醐味

ツムギはお散歩デビューをした頃、地面のにおいばかり嗅いでいて、なかなか歩いてくれませんでした。

記事を読む

見慣れない物を怖がる犬には時間をかけて慣れさせる

ある日、空のペットボトルでツムギと遊んであげようと思ったら、ツムギは空のペットボトルをとても怖がりま

記事を読む

お散歩デビュー

お散歩デビュー

2回目のワクチンが終わって2週間程度経つとアスファルトの上のみですが、お散歩が解禁になります。

記事を読む

人と犬が大好きすぎるのでキャリアチェンジになりました

6月24日のことでした。 甘えん坊のシオンが私のお膝でお昼寝をしていると、電話が鳴りました。 デ

記事を読む

それな~に?何にでも興味津々の子犬

夫が何かのイベントで、不織布で作られた手提げ袋をもらってきました。 中はどうなっているのかな?

記事を読む

子犬の社会化 川遊び満喫

酷暑が続くつむたん地方です。 お買い物に行ったスーパーの駐車場で、車の温度計で外気温を見ると!

記事を読む

車酔いを克服してホームセンターの犬用カートを体験しました

ツムギだよ~♪ あたしは車に乗るのが苦手。 だって気持ち悪くなるんだもん。 だからママに抱っこ

記事を読む

子犬の初雪体験

11月24日、シオン地方に初雪が降りました。 首都圏で11月に降雪を観測するのは54年ぶりのこ

記事を読む

他人の犬に勝手に触るな~!愛犬が人を噛んでしまったら

お散歩中のわんこに出会うとつい触りたくなりませんか? ましてや、その犬がエヘヘなお顔で見上げてきた

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑