凶暴な犬は飼い主が作る?犬が攻撃的な行動を見せるときの対処法

公開日: : 犬育て

人に対して犬が吠える、唸る、噛むなどの行動を取ると、反抗的だとか攻撃的だと感じませんか?

犬は人の言葉を話せないので「犬のやり方」で気持ちを表現してきますが、時に人にとっては不快な方法を取ることがありますね。

散歩する犬

犬の攻撃行動と対処法

「攻撃的」と思える犬の行動にも、犬から見ればいろいろな理由があります。

理由を考えて、その仔に合った対処を考えていくことになりますが、攻撃的な行動が出ないような接し方を訓練士さんに教えていただいたり、対処法を工夫しました。

捕食性・遊びの興奮

おもちゃや食べ物を守ろうとして、人が手を出すと唸る、噛むなどの行動を取ります。

また、おもちゃを獲物に見立てて遊びで捕獲行動をしているうちに、興奮から攻撃的になる場合もあります。

対処法

人におもちゃや食べ物を取られないことを教えます。

おもちゃは「OUT」などの指示で離すことができるように、遊びの中で教えていきます。

指示で離してもらって、また遊んであげることで所有欲が少なくなります。

遊びながら興奮しそうになったら(興奮する前が好ましいです)、おもちゃをOUTさせて抱っこなどでクールダウンします。

抱っこされる子犬

フードは人主導で与え「OK」などの指示で食べるように教えます。

フードや食器に触ったり体を撫でたりして

人の手は食べ物を取らない。

ことを教えていきます。

転嫁的な攻撃行動

何かにびっくりしたとき、嫌だったときなどに、たまたまそばにいるもの(大抵そばにいるのは飼い主さん?)に八つ当たりのように攻撃行動をします。

対処法

後ろを向く、知らん顔をする、離れるなどして「八つ当たりに付き合わないよ」と伝えます。

抱っこや座らせるなどして犬を落ち着かせ、落ち着くことができたら穏やかに「Good」と褒めます。

自己主張

やりたいことをダメと言われた。

あるいは、やりたくないことを無理にやらされた。

などのときに

何だよ~!

やりたい(やだ)って言ってんだろ~!

みたいな感じで、自己主張を攻撃的な態度で示すことがあります。

対処法

噛んだり吠えたりしても反応せず「主張は通らない」ことを学んでもらいます。

このひと(シオン君)

膝に顎を乗せる子犬

○○したいって言ってんだろー!

ガブッ!!

でしたが、相手にしないようにしていたら、そのうち見つめてきたり、膝に手や顎を乗せて気持ちを表現するようになりました。

撫ですぎ・かまいすぎ

犬も撫でられるのが好きな仔ばかりではありません。

ひとりでのんびりしたいときもあります。

なので

触らないでよ!

ガブッ!

ということもあります。

対処法

親しき中にも礼儀あり。

です。

犬が嫌がるときは、触るのはやめておきましょう。

犬が落ち着いているときに撫でてあげて、少しずつ撫でられることに慣れてもらいます。

恐怖・防衛

怖いと感じているときに、自分を守るため攻撃行動に出ることがあります。

対処法

お散歩中に他人や他犬に吠えるのは、多くの場合は恐怖や不快感から相手を追い払いたい気持ちで吠えています。

攻撃的に見えても内面には「恐怖や不快感」があるので、叱るのは犬との関係を悪化させるだけでメリットはありません。

対象物から離れてあげて、犬の様子を見ながら少しずつ慣れてもらうようにしていきます。

身体的な理由

わが家では未体験ですが、体に痛みがあったりすると防衛本能から攻撃的な行動を取ることがあります。

対処法

明らかに今までと違うと感じたら動物病院に行きましょう。

まとめのようなもの

人の言葉で自分の気持ちを表現できない犬は、人にとっては「攻撃的」に見えても、一生懸命自分の気持ちを表現しているということになります。

犬としては当然の行動で、問題行動ではありません。

しかし、人にとっては都合が悪い行動なので、攻撃行動が出ないように対処を考えていくことになります。

私たちの場合は「吠える、噛む」など力技を使ってくる犬に対して「叱る」など威圧的な対応はせず、まず自分が落ち着くように心掛けました。

落ち着いた態度で犬を座らせるなどして、犬にも落ち着いてもらうようにして、落ち着けたら優しい口調で「Good」と褒めるようにしました。

攻撃的な行動を取ってしまう犬自身が一番辛いと感じているはずなので

怖かったね。

嫌だったね。

などと話しかけ、共感してあげることも心がけました。

攻撃的な行動を取るのは、何があっても動じない、気にしないというおおらかな仔より、元々怖がりだったり神経質な仔に多いように感じます。

怖がりで神経質な犬たちに、「力には力」というように強く叱ることを繰り返してしまうと、犬も精神的に追い詰められてしまい、最強の噛み犬になりかねません。

凶暴な犬を人が作り出してしまうことになります。

物理的な「力」は犬の方が強いということを忘れてはいけません。

私たち人間は、包容力と「頭脳」で勝負しましょう♪

(写真は1枚目ウェルシー、2枚目ツムギ、3枚目シオンです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬のマーキングの意味と盲導犬がマーキングをしない理由
NEXT
子犬を迎えたら|しつけの前に「子犬にはできないこと」を理解しよう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

生後5か月の子犬|反抗期に入ってきたかな?

反抗期って一般的に使われる言葉ですが、上から目線ですよね。 わんこにも人間の子供と同じように、自我

記事を読む

寝ている犬

犬だって夢も見るし寝言も言うよね

わんこの寝ている姿、可愛いですね。 癒されます。 そして寝ながらク~ンと言ったり、ウォッと吠えたり、

記事を読む

ストライキ!散歩から家に帰りたくない犬

生後11か月を過ぎた頃から赤ちゃん返り現象が起きたイズモですが、この頃はストライキも度々していました

記事を読む

できていることを褒めてあげよう

最近のシオン、ちょっと不機嫌なことが多いです。 特にお散歩のときが落ち着きが無くて、ちょっとだ

記事を読む

犬の言葉「やめて」が聞こえた日

ツムギは穏やかな性格で、自分の気持ちを表現するときに噛む、吠えるなど、人にとっては厳しい、しかしある

記事を読む

コスモスと犬

犬の性格は生まれつき?育て方で変えられる?人懐こい犬に育てるには

犬は飼い主に似る。 なんてよく言いますよね。 わんこの性格を育て方や環境で「人懐こい仔」に育てる

記事を読む

パピーらしくなってきた!

えっ? つむたん、もうすぐ8か月齢でしょ? お姉さんになってきた! じゃないの?

記事を読む

生後2か月の子犬の接し方 冒険と甘えとしつけ

シオンがわが家に来て約1か月。 家での生活にも大分慣れてきました。 毎日冒険 子犬がおうちに慣れて

記事を読む

部屋で伏せる犬

犬の要求を聞きすぎると犬がわがままになるらしい

わが家では「遊んで」「抱っこ」などの犬の要求は、可能な限り聞いてあげるスタンスなので、私は友人など

記事を読む

犬が理解できる正しい叱り方は「NO」と「Good」を効果的に使う

やって良いことと、いけないことを教えるのを通常「しつけ」といいます。 犬の場合も同様に、人の社会の

記事を読む

散歩する犬
冬に気を付けたい犬の泌尿器系の病気|予防法とチェックポイント

先日、協会スタッフさんとお話しする機会がありました。 冬は膀胱炎にな

フードを食べる犬
ラブラドールがおデブになりやすいのは遺伝子のせいだった!

ラブラドールレトリバーの飼い主の皆さん、ラブって食いしん坊だし、太り

くしゃみをする犬
犬がくしゃみを連発する原因と対策!可愛いものから病気が原因のものまで

犬がくしゃみをする仕草は、可愛くて笑ってしまいますね。 可愛い犬のく

人の足に顎を乗せる犬
犬と一緒に寝てもいいの?いけないの?一緒に寝るときの注意点は?

家庭犬の飼い主の皆さん、愛犬と一緒に寝ていますか? それとも、寝るの

上目づかいで何か言いたそうな犬
チャイムが鳴ると吠える犬が吠えなくなりました

ウェルシーはパピーの頃から音に敏感で、家の中にいるときに外の物音に反

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑