犬の散歩の適切な時間やコースは犬に任せてみよう

公開日: : 散歩

犬にとってちょうど良いお散歩の距離や時間はどのくらいかなあ?

と思うことはありませんか?

訓練士さんには

家に帰ったら犬が伏せてくつろいだり寝てしまうくらい。

と言われました。

窓辺で寝る犬

目安などはあるのかなあと思って、調べてみたこともあります。

こちら→犬の散歩の時間と回数はどのくらいがいいの?

犬に任せてみるという提案

先日公園で、秋田犬と何か(聞いたのですが忘れました。すみません)のミックス犬の飼い主さんにお会いしました。

穏やかな仔で、ウェルシーとはお互いにクンクンとあいさつをして一緒にそばにいる感じで飼い主さんとお話しました。

お散歩はどのくらいの時間歩いていますか?

と聞いてみると

この仔に任せています。

なので多い日は1時間ちょっと歩きますし、少ない日は10分という日もあります。

だいたい30分から1時間ということが多いです。

と言いました。

また、回数は1日に2回が多いが特に決めていなくて、行ける時間に行くということでした。

散歩コースと時間の長さは犬が決める

秋田ミックスちゃんの飼い主さんは、家を出ると右に行くのか、左に行くのか、そこから犬に任せると言います。

その後も犬が前を歩き、行く道を決め、犬がタカタカ歩けば人も早足に、犬がゆっくり歩けば人も合わせ、犬が止まってにおいを嗅いだりすれば人も止まって待つ。

そんな感じの、のんきなお散歩なんですよ。

と笑っていました。

私の場合はパピーウォカーでしたし、今も盲導犬にはならないとはいえ協会の犬なので、原則として

  • 散歩コースや歩く速度は人が決める。
  • 人に気持ちを向けて歩くことを心掛ける。

というお散歩をしています。

見上げる犬

その中に、におい嗅ぎを満喫していいスポットを入れたり、人が少ない土手などではウェルシーのペースで歩いてもらったりしながら、最終的には人主導になるようにしています。

犬がご機嫌

そんなそんな

犬任せで大丈夫なんですか!

と思いましたが、秋田ミックスちゃんの飼い主さんは

今日はたくさん歩きたいな。

とか

今日はちょこっと歩ければいいかな。

とか、犬だって気分があるので、自分のペースでお散歩ができて犬がご機嫌なんですよ。

疲れすぎて歩かなくなったり、運動不足にもならないし、途中に嫌なものがあると、自分で引き返したり道を変えるので私も困ることは無いんですよ。

と言っていました。

なんか、目から鱗というか、野生的というか、犬本来の姿かもと思い、ちょっと感動しました。

もしかして私は、犬とそんな風に暮らしたい?

今までに

人が選ぶ道を、ただただついてくるお散歩って楽しいのかな?

とか

人にとっては何でもないようなものも、犬にとっては嫌で回避したいものもあるよね。

とか、思うこともありました。

秋田ミックスちゃんの飼い主さんは

この仔は、聞き分けも良く穏やかな仔で今は困っていることはありませんが、子犬の頃は神経質な仔だったので、ストレスをかけないように過ごしてきました。

散歩は、これがこの仔に一番合っているようで、8年(現在8歳)かけてこのスタイルになりました。

と言いました。

ウェルシー任せの散歩にしたらどうなる?

秋田ミックスちゃんのお話を聞いたので、ある日の散歩のラストに私たちが居住している住宅地に入ってから家までのコースをウェルシーに任せてみました。

ご機嫌で歩く犬

ウェルシーは尻尾フリフリご機嫌でタカタカ歩き、ここを右に曲がると家へ行く道だよねという場所を通り過ぎ、次の角を右に曲がり、次は左に曲がり、しばらく歩いてまた右に曲がり・・・などと回り道をして家の前の道に出て家に帰り着きました。

その話を夫にしたら、夫も同じようにやってみたそうです。

するとウェルシーは、曲がり角に来るたびに止まり、夫を見上げ

ねえパパ、どっちに行く?

と聞いてきたそうです。

指示を仰ぐ犬

え~!!

ウェルシーさん

人によって態度を変えるの?

パパには指示を仰ぎ、ママとは自由に歩いていいと思っているんかい!

まとめのようなもの

犬との暮らし方は人それぞれですね。

大切なのは

  • 犬が幸せなこと。
  • 飼主さんも幸せなこと。
  • 周囲に迷惑をかけないこと。

といつも思っています。

ウェルシーは盲導犬ではありませんが、繁殖犬という任務があるので、協会からお願いされているスタイルでのお散歩をしていきます。

引退したら、もうしつけよりも(周囲に迷惑をかけないことは大切ですが)ゆったりストレスなく暮らすというような年齢になるので、お散歩も今より自由度を上げてみたいと思いました。

犬の「年齢」「体調」「気分」に合ったお散歩の「コース」「距離」「時間」を犬が自ら決められるって素敵だと思いませんか?

それを自分の頭で考えて決められる犬と、それを尊重する飼い主さんが素晴らしいと思いました。

【補足】

秋田ミックスちゃんのお散歩は、コースや散歩の長さ(時間)は犬に任せていますが、犬任せと言っても例えば

よその家の敷地に犬がどんどん入って行ってもかまわない。

とか

気になる他犬の後をどんどん追いかけて行っても容認している。

というものではありません。

飼主さんと秋田ミックスちゃんの間にルールがあり、他人に迷惑をかけない中で散歩を犬の自由にしているということです。

犬がやりたいことは何してもいいの?

という誤解を招く文章だったかもしれず、補足させていただきます。

犬との暮らし方は、犬も人も幸せで他人に迷惑をかけなければ人それぞれでいいと思いますが、私自身はウェルシーを

  • 人の指示に従える犬。

尚且つ

  • 自分の頭で考えられる犬。

に育てたいという気持ちがあります。

関連記事→犬にコマンドに従うことを教えるが自ら考える力も伸ばしたい

関連記事→他犬とのすれ違いは距離を取る 機転の利く犬

お散歩コースなどを犬に任せる発想はありませんでしたが、自分で判断して行動できる犬と、愛犬を信頼している飼い主さんが素晴らしいと思い記事にしました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬の焼きもちは治せる?焼きもちをやく犬の気持ちと対処法
NEXT
犬のフリーズドライフードはメリットだらけ?危険性も理解して与えよう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

膝で丸くなる子犬

犬の冬の散歩は億劫だよね?工夫して楽しもう

シオン地方の冬は晴天率が高いです。 晴れて乾燥して 山の向こうは雪なんだろうな~。 と感じる冷

記事を読む

散歩嫌いな子犬が散歩好きになる工夫

犬はみんなお散歩が好きだと思っていましたが、どうやらシオンはあまりお散歩は好きではないみたいです。

記事を読む

やんちゃなラブラドールレトリバーの子犬|お散歩デビューは遊びになっちゃった

わが家の家庭の事情により、シオンは現在ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいています。 預

記事を読む

水を飲む子犬

子犬の散歩は勉強と同じ!楽しい経験でたくさん学ぼう

朝の散歩はパパの担当ですが、今朝は朝食とお弁当の用意が早めに終わったので、私も朝の散歩に同行してみま

記事を読む

芝生を歩く犬

犬が芝生や草を食べるのはなぜ?犬が草を食べるのは問題ないの?

お散歩中に草をパクってやる仔はいませんか? お腹が空いていなくても何でも拾い、口に入れたがるのがラ

記事を読む

歩きたくない犬

散歩中に突然スイッチが入ったように飛びついたり噛みつく子犬

シオンとのお散歩・・・。 なかなか難しいです。 散歩は好きではないのか?外が不安なのか? シオンは

記事を読む

河津桜の散歩道

まだまだ風が冷たく、寒い日も多いシオン地方ですが、週末はご褒美のようにポカポカの春の陽気になりました

記事を読む

伏せる子犬

犬に散歩は必要?無理に散歩をしなくて良い犬もいると思う

愛犬はお散歩が好きですか? 私はパピーウォーカーとして4頭の子犬を育てましたが、お散歩デビューの様

記事を読む

枝をくわえる子犬

拾い食い対策で犬に出すコマンドは「NO」ではなく「OUT」

最近のウェルシーは、普段のお散歩での拾い食いは減ってきました。 お散歩コースはいくつかありますが、

記事を読む

犬の散歩の時間と回数はどのくらいがいいの?

生後7か月齢のウェルシーは、身体は成犬に近づいています。 1回の散歩は40分~60分くらいで、1日

記事を読む

日向ぼっこする犬
犬は反省する?反省させるよりも褒めて伸ばすことにしています

犬と暮らすうえでは、犬が人社会の中で楽しく暮らせるように、安全に生活

姫の井戸
犬連れ武田神社|勝運にご利益あり!武田信玄公を祀る神社

ウェルシーだよ♪ 山梨県甲府市にある舞鶴城公園に連れて行ってもらった

舞鶴城公園案内板
犬連れ舞鶴城公園(甲府城址)天守台からの眺めを楽しもう

ウェルシーだよ♪ 山梨県甲府市にある舞鶴城公園に連れて行ってもらった

駿河湾
犬連れ三保の松原|松・海・富士山!景色を楽しみながらのんびり歩こう

ウェルシーだよ♪ 羽衣伝説で有名な、静岡県の三保の松原をお散歩してき

登呂遺跡
犬連れ登呂遺跡|水田と住居がセットになった弥生時代の遺跡

ウェルシーだよ♪ 登呂遺跡に行ってきたよ。 教科書にも載っていて知ら

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑