甘えん坊復活

公開日: : 第二話 ツムギ, 犬に癒されるとき

朝晩を中心に涼しくなってきたためか、気付くとお膝にやってくるツムギです。

暑い間も全く来なかったわけではありませんが、人の膝に来ることは少なくなっていました。

暑いからなのか?

成長とともにお膝は卒業していくのか?

どっちなんだろう~?

と思っていました。

暑くて、くっついていたくなかっただけなのですね。

涼しくなれば、またお膝に来たいのですね。

わがままだなあ!

DSCF0085

眠くなってくるとパパのお膝に直行。

DSCF0088

パパ大好き。

DSCF0093

もちろんママのお膝も大好き。

真上から自分で撮りましたが、構図がヘン?

やっぱり甘えん坊のツムギ。

小さかった頃のように、またお膝に来るようになっちゃったね。

でも、抱っこしてあげられないときは好きな所で寝てくれるし、目を離す時は指示すればケージに入っておとなしくしていてくれるものね。

甘えん坊は復活ですが、お姉さんになったツムギです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
夏の終わりに
NEXT
犬連れ大王わさび農場|美しい水と景色を楽しめます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    甘えん坊さんですね~
    パパさんのふくらはぎが枕になっているような気が…(^_^;)
    涼しくなって、口を開いてることもなくなって、
    犬たちは呼吸が楽そうです。
    夏も終わっちゃうのかな。
    川遊びにもまた行かれて、またかけがえのない夏がひとつ、
    宝物が増えましたね。(*^_^*)

    出先や旅行先で、いろんな人たちに出会いますが、
    ホント、「犬に出会った時の、人間のマナー」を、
    人間は学ぶべきだなあと思いました。
    私なんて、その場でおせっかいですが「こうしてほしい」と
    さりげなく(さりげなくじゃないかな)伝えてしまいます(^_^;)

    お姉さんになったツムギさん。
    甘えん坊や、やっちゃった~のエピソード、待ってま~す!

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      涼しくなると犬は楽そうになりますね。
      猛暑の日が多くて、大変でしたね。
      ロとラのおうちも夏の思い出がたくさんできましたね。
      一コマに入れていただいて、本当にありがとうございました。

      犬に触ってもらう時は、イズモは人見知りだったので
      犬の方から来るのをちょっと待ってください。
      上からいきなり手を出さず、そっとなでてください。
      などとお願いしていましたが、ツムギはどうしよ。。。
      この仔と目を合わせないでください、飛びつきます?
      飛びつかせないように躾けろって話ですよね。
      いくら言ってもわからないんだな~。このお嬢さん。
      (多分NOのタイミングが遅いのでしょうね)
      犬と人が大好きで突進したがる以外は
      穏やかで暮らしやすいのですけどね。

  2. サナ父ちゃん より:

    ワンコが温もり求めて、

    「抱っこ♪」

    って季節が来ましたね。

    この頃抱っこしながらいっぱいなでなでして優しくしてあげた(甘やかした、とも言えますね…)ことが、あの仔にとって、とても心地良かったんだろうなぁ、と。

    だからでしょうか、今思い出すとこの季節から、サナ周りに対する接し方が優しくなったかな、と。

    自分がして欲しいことを、周りに対して、自分なりにやってみよう、と変わってきたように思います。

    何となく、冬の頃、つむたんが優しい仔となって、穏やかに喜びを特別な人にだけ見せる姿が目に浮かびます♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      賭けはサナ父ちゃんさんが勝ちましたね(笑)
      おっしゃっていたように、涼しくなったらまた膝に来るようになりました。

      犬が人の温もりを求めて来るのを受け入れてあげるのは
      甘えさせることではありますけど
      甘やかしではないと思います。

      ツムギも家族の温もりを感じ
      優しい女の子に育ってくれたらいいなと思います。

  3. くるみ より:

    まだまだ甘えたいんですねo(^-^)o

    ツムたん可愛い

    チョコも2才半ですが、最近また甘えん坊復活!1才過ぎからは甘えん坊はそこまでなかったのですが…(笑)

    そう考えると、ツムたんまだ甘えん坊さんでもOKなんでしょうけどね

    • gd.vol より:

      くるみさん
      家族が大好きだから甘えるので
      甘えん坊は大歓迎です(笑)
      チョコちゃんも、おとうさんやおかあさんにたくさん甘えてね

関連記事

犬との散歩は飼い主にも喜びです

わが家では朝の散歩は夫の担当です。 起きて、排泄もして、ごはんも食べ終わると、シオンは

記事を読む

鬼のパピーウォーカー

母犬べいるちゃんの繁殖犬ウォーカーさんのメッセージのとおり、ツムギはめちゃめちゃ甘えん坊な女の子でし

記事を読む

怖がりな子犬だけど切り替えも早いかも

ツムギには聞き慣れない音や、見慣れない物を怖がる傾向があります。 日々の生活の中で、少しずついろい

記事を読む

ケージに伏せる犬

ハウスのしつけは必要?ハウスのしつけができていて良かったと思った件

日本盲導犬協会では、犬との生活にハウスを使います。 なので、パピーウォーカーは子犬を委託されたその

記事を読む

他犬との接し方を学びなさい!ツムギの特訓

ツムギの眼科検診のため、神奈川訓練センターに行きました。 ここはパピーにとっては大好きな訓練士さん

記事を読む

犬の一番のお仕事はそこにいてくれること

パパちゃん、早く帰ってこないかな~。 パパから「帰るよコール」があると、電話の音にすぐ反応する

記事を読む

大型犬ラブラドールレトリバー!その魅力は存在感と癒し

ラブラドールレトリバーは見た目はシンプルで、普通に犬です。 見た目がお洒落なわけでもなく、可愛いカ

記事を読む

盲導犬パピー(ウォーカー) トイレの失敗!

ある日のことです。 お気に入りのぬいぐるみ、とらじろうとたくさん遊んだツムギ。 遊び疲れ

記事を読む

膝の上で眠る子犬

犬は家族の一員!今までとは違う生活を覚悟せよ

3月の末にツムギがわが家にやってきました。 その時 「子犬を1頭預かった」 と認識していました

記事を読む

盲導犬になれなかった犬はどうなるの?

日本盲導犬協会では、育てたパピーがキャリアチェンジになった場合、原則としてパピーウォーカーが引き取る

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑