おもちゃで遊ぶ冬の午後

公開日: : 第二話 ツムギ, 子犬と遊ぶ

お気に入りのぬいぐるみの「とらじろう」が入院中。

DSCF9490

手術待ちなので、くまさんのぬいぐるみで遊びました。

DSCF0607

投げて、取りに行って

DSCF0610

持ってきて

DSCF0608

噛んで

DSCF0606

「OUT」

で離してもらって、また投げて持ってきてもらいました。

ぬいぐるみをブンブン振り回しながら走って、狭い家の中でも結構楽しく遊んでくれました。

とらじろうの手術、やらなきゃなあ・・・。

一度破いてしまうと、縫ってもまたそこから破れて綿が出てしまう感じです。

もう何回手術したことか・・・。

噛む力も、引っ張る力も強いからなあ・・・。

前足でぬいぐるみを押さえつけて、口を使ってぬいぐるみの耳や手足を引っ張るので、すぐにビリッ!

おもちゃがすぐ壊れるのが悩みだわ。

おもちゃはツムギが届かない高いところに置いてあるのですが、遊びたくなると下からおもちゃ箱を見上げて

「おもちゃ取って」

と要求。

何か取ってあげても、気に入らないおもちゃだと知らん顔。

しばらく遊んでいたぴよぴよパンダさんは、最近は飽きたらしく知らん顔します。

PA061889

またしばらく経つと遊びたくなるかな?

気に入ったおもちゃが出て来るまで、無視しつつ粘りますからね。

意外に強情なツムギさんです。

あなたの辞書にも「妥協」という言葉を入れてください。

遊び疲れたツムギさん。

DSCF0612

やっぱり日向で

寝た。

平和だなあ・・・。

可愛い寝顔。

こんな平穏な時間がとっても愛おしいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬育て その仔の良いところを見る
NEXT
犬連れ鉢形城公園 初詣に行ったよ

サナ父ちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ウィンダムママ より:

    あけましておめでとうございます。

    つむたんもぬいぐるみ大好きちゃんなんですね。
    我が家のウィンダムもです。沢山のお友達が入院中です(笑)
    この数日は、温かくてお散歩日和ですよね。
    日向ぼっこしながらまったりした時間がいいですよね。

    年末、訓練士さんに自宅レクチャーしてもらいました。
    ちゃんと出来るようになった散歩中の引っ張り。しっかり、パパとママで使い分けてます(苦笑)
    つむたんママさんのブログで、犬育ての話がありましたよね。いいところを沢山ほめる、訓練士さんからも教えてもらってるのになかなか上手くできない。
    こうして!っていう気持ちが先行しちゃってます・・・反省。
    10ヶ月になったウィンダムの「いいところ」をもっと沢山引き出せるように!!!

    今年も宜しくお願いします。

    • gd.vol より:

      ウィンダムママさん
      明けましておめでとうございます。

      ウィンダム君もお友達を入院させちゃってぇ~!
      みんなしょーがないなあ(笑)

      ここのところ、お散歩が快適な陽気ですね。
      ツムギも朝と午後、1時間づつのんびりお散歩です。

      訓練士さんにお散歩レクチャーをしていただいたのですね。
      引っ張りが改善されて良かったですね。
      格段にお散歩がラクになりますものね。
      パパママ使い分け、やっぱりありますよね。

      私も犬の良いところを見てあげるというのが、なかなか出来なくて犬に求めてしまっていました。
      今思うと犬も楽しくないし、うまくいかないことばかりが気になってしまい、自分も楽しくなかったと思います。
      ウィンダム君のいいところ、いっぱい褒めてあげてくださいね。

      今年もよろしくお願いいたします☆

  2. くるみ より:

    我が家も、以前はよく手術してました(笑)

    でも、ここ1年たまにになり、最近はハウスに連れて行って一緒に寝たり…

    よく以前はカミカミして、破くと、おとうしゃんが、イタい!イタい!と声を出してました。『タコさんがイタい!イタい!て…』『カニさんがイタい!イタい!て…』そのうち、カムカムしても手加減するようになったみたいです。おかあしゃんたちと遊ぶ時も手加減覚えて欲しいんですが…(笑)興奮して必死に遊ぶんで忘れてます(>_<)

    興奮するのを抑えたい…プロに教えていただこうかと考えています

    • gd.vol より:

      くるみさん
      「タコさんがイタイ!カニさんがイタイ!」っていいですね^^
      うちも言ってみようっと。

      協会ではたくさん遊んであげるようにという指導ですが、犬が興奮してきたら、座らせるとか抱っこ(その仔に会う方法で良い)でクールダウンさせるようにと言われています。
      興奮し始じめたら遊びを中断しリセット、落ち着いたらまた遊んであげる
      そんな感じですかね。

      興奮は犬にストレスがかかります(楽しい興奮でも・・・過ぎたるはなんちゃらです)
      ストレススマイルを顔に浮かべるのでわかりやすいですよ。
      本当の犬の笑顔は、口元が忍者ハットリ君の口になります。

      興奮しても、落ち着ければいいのですが
      唸る、噛むなどの表現が出るようだったらプロに相談した方がいいかもしれないですね。

  3. ロとラのママ より:

    とらじろうは入院ですか~笑
    とらじろうタイプは手術しても、傷がすぐパックリいってしまうので
    大変です。
    ピンチヒッターのくまちゃんのタイプの方が、カミカミしても若干上部のような気がします。気のせいかな。笑

    遊び疲れて丸くなって寝るツムたん、可愛いですね~
    ちょっと隠れ家的なところで寝るのがまたいいです。
    落ち着くんですね、きっと。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      とらじろう入院です。
      手術せねば~と思いつつ日が経っています。
      くまちゃんも危なくなってきたので、とらじろうを復帰させなくてはです。

      狭いところが大好きですね。
      落ち着くのでしょうね。
      そしてここは日差しがポカポカなのも気に入っているようです。

  4. サナ父ちゃん より:

    2年前の1月13日にサナを預り、去年の1月12日にサナを送り出しました。

    丁度一年前の今頃、涙ながらにずっとサナを抱きしめていた事とか、いろいろなことをここ数日のママさんのブログを見て思い出していました。

    日なた、好きだったなぁ…
    気に入らないオモチャ、見向きもしなかったなぁ…
    パパ抱っこ~♪ってすぐ甘えるけど、そのくせママゴミ出しでちょこっと外出たら不安から鼻ピーして寂しそうにしたり…

    まだ訓練してるみたいで、いつ会えることやら(笑)。

    ワンコをしつけることは必要なんでしょうが、人間側の対応って、本当に大事ですよね…

    ママさんのブログをはじめ、多くのワンコ好きの方々からの声が広がって、人もワンコも共に幸せになる世の中になって欲しいなぁ…
    って、改めて思いました。

    つむたんとの時間もまだまだあります。
    心置きなく、ですね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      サナちゃん、楽しく訓練しているのですね。
      送り出して1年。
      そろそろ会いたいな~と思いますが
      お父さんにたくさん褒めてもらえるように、わたしもっと頑張る!!
      と言っているのかもしれませんね。
      立派になったサナちゃんに会える日は、感動もひとしおですね。
      サナちゃんが
      「お父さんお母さん来てね」
      と言ってくれるのを待ちましょうね~^^

      犬も人も共に幸せに暮らせるといいですね。
      犬が苦手な人もいるので、配慮もとても大切ですよね。

      • サナ父ちゃん より:

        昨日、神奈川のセンターから連絡があり、面会に関する案内がありました。

        サナ、面会後も盲導犬になるための訓練、まだ続くとのことです!

        いろいろな方々の応援があったからこそだと思います。
        ありがとうございました。

        慎重なところや嬉しいとテンション上がるトコなど、サナとつむたん、似ているところ多いと思います。
        訓練入ってからのつむたん、頑張って欲しいです♪

        • gd.vol より:

          サナ父ちゃんさん
          いよいよサナちゃんと再会できますね!!
          サナちゃんは、適正評価ののち
          「わたし、もっとやってみたい!」
          と言ったのですね。
          楽しく訓練を続けていられるということは何よりですね。
          この先、またレベルの高いこともお勉強していくのでしょうが、サナちゃんが楽しく続けられれば、自然に盲導犬の道を選ぶでしょう。
          サナちゃんが、この先も楽しく訓練を続けられますように。
          私達も心より応援しています。
          サナちゃんとの面会、たくさん楽しんできてくださいね!!

関連記事

ツムギ生後7か月齢の備忘録

8月23日でツムギは生後7か月齢になりました。 子供から大人への階段を上がっていきますね。

記事を読む

子犬の社会化 わんこ同士のマナーを学ぶ

6月21日に、先輩パピーウォーカーさんのおうちに遊びに行ってきました。 その方はツムギより年上

記事を読む

ツムギ生後8か月齢の備忘録

早いもので9月23日でツムギは生後8か月齢になりました。 体重は23.5kgくらいで、先月とほ

記事を読む

ツムギ生後9か月齢の備忘録

10月23日でツムギは生後9か月齢を迎えました。 体重は、18日のレクチャーの日に測ったところ

記事を読む

犬も日向ぼっこが好き

穏やかな新年の始まりで、1月の1週目のつむたん地方は3月頃の気温です。 もう少しで桜が咲く?

記事を読む

膝の上で眠る子犬

怖がりな子犬かも?

ツムギが家に来て約2週間。 だんだんその仔らしさが見えてくる頃ですが、ツムギには怖がりな傾向がある

記事を読む

鬼のパピーウォーカー

母犬べいるちゃんの繁殖犬ウォーカーさんのメッセージのとおり、ツムギはめちゃめちゃ甘えん坊な女の子でし

記事を読む

パピーウォーカー カラーへの思い

だんだん身体が大きくなってきたツムギ。 カラーがきつくなってきました。 今まで使っていた

記事を読む

ツムギ生後12か月齢の備忘録

ツムギは23日に1歳の誕生日を迎えました。 お祝いコメントをくださったみなさん、ありがとうござ

記事を読む

そこにいるだけで

つむたん なあに? 遊んでくれるの? こしょこしょ~。 何す

記事を読む

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

ウェルシーと子犬たち
盲導犬繁殖犬ウェルシー初めての出産

12月の上旬に出産のため、富士ハーネスに里帰りしていたウェルシーは、1

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑