愛犬が15歳で亡くなり寂しいのでパピーウォーカーをやってみたいけど

公開日: : 雑感

a0011_000238

愛犬を亡くした友へ

わんことの暮らし、楽しかったよね。

愛情をたくさんかけて毎日を過ごして、わんこも家族の愛情によく応えてくれたよね。

わんこ(に限らずペット)と暮らすのはメリットがたくさん。

家族の絆も強まって、子供たちにもいい影響を与えてきたよね。

唯一デメリットがあるとしたらそれは

お別れ

愛犬との死別。

それは息も出来ないくらい心が痛くて

言葉にできないくらいの喪失感。

とっても、とっても苦しいよね。

パピーウォーカーは死に別れではないけれど・・・。

預かっている犬を期限が来たらお返しするのは当り前のことなんだけれど・・・。

それでも、可愛い盛りの犬を手放すのは辛いものなんだよ。

私はパピーウォーカーの最大のお仕事と位置付けているくらいだから。

約1年間

苦楽をともにして

やんちゃな悪ガキを愛情いっぱいに育てて

信頼関係もできて

家族になったな~

としみじみと感じる頃、召集令状がやってくるんだよ。

こんなに可愛いのに、手放したくないな~。

って思っちゃう。

結局、辛くないお別れなんてないよね。

だって

家族だもの。

入所した後も

元気に過ごしているだろうか?

進路が決まった後も

可愛がってもらって、幸せに暮らしているだろうか?

いつまでも気にかかってしまうしね。

だから

愛犬が亡くなった寂しさを癒そうと思って、パピーウォーカーをやるのは個人的にはおすすめしないかな・・・。

死別の痛みが癒えないうちに、離別の痛みを体験することになりかねないと思うから。

愛犬を亡くした痛み。

時間はかかるかもしれないけれど、あなたならいつか乗り越えられる。

愛犬と過ごせた時間に素直に感謝できる日がやってくると思うの。

その時に、まだパピーウォーカーをやってみたいと思っていたら、始めてみればいい・・・。

愛犬との死別を経験し、傷ついた翼をゆっくり癒して、パピーウォーカーとして羽ばたいている人もたくさんいるから。

あなたもきっと大丈夫。

ゆっくり自分の心と向かい合っていこうね。

もちろん、また生涯家族として過ごしてくれるペットを迎えたっていいと思うしね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
富士ハーネス見学 その2 子犬たち
NEXT
パピー委託式 縁は異なもの味なもの

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    私も同じ気持ちです
    亡くしたことの悲しみから、一度ゆっくり時間をかけて、向かい合い、乗り越え、感謝できた時、考えた方がよいと思います。うちはまだ3歳…でも時々チョコがいまいなくなったら?と考えることがあります。私は平常心ではいられないはず、でもチョコが、きっと私の進む道を教えてくれるはずだから、今は毎日を大切に過ごしていこうと思います。お友達もきっとその子が教えてくれると思います。いつどう進むべきか…今は想像以上にお辛いでしょうが、ゆっくり、ゆっくり…そう願っています。

    • gd.vol より:

      くるみさん
      亡くなった仔が進む道を教えてくれる。
      本当にそうですね。
      ありがとうございます。

  2. オプト♪のPWです より:

    つむたんママさんの お友達さん…☆

    大切な*大切なご家族を亡くされたのですね…
    心の中に さらさらと涙の泉がわいて… 想いがあふれてくる日々をお過ごしかと思います☆
    お気持ちはお察しするものと 違うかもしれませんが…
    家族を失うという事*それは本当にその方それぞれの感じ方があるかと思います。
    そして その事をどのように受け入れていくのかも それぞれの形があるのかなぁと思っています…☆
    『代わり』には誰もなれないのですが…
    もしまた『新しい家族を受け入れたい』と想われた時にはパピーとの暮らしも 考えられたら嬉しいかな…と私は思います。
    パピーと一緒に暮らす時間は本当に限られていますが*手を離した後も いつまでも家族のひとりのようにその仔のことを想い続けることは出来ます…
    私は 今5頭目のパピーと暮らしています…本当に毎日幸せな気持ちです☆
    子育ても仔育ても ひとり(一頭)ずつみんな違って*その先の道もみんな方向は違いましたが… どの仔もみんな温かな家族に囲まれ 幸せに暮らしていると聞いて… 純粋に嬉しい気持ちでいっぱいです。
    協会の想いをよくお聞きなって パピーとの暮らしや おとなU^ェ^Uとの暮らしなど お考えになってみたい… と思われたならこんなに素敵なことはありません…☆ でも*どうぞ『心に無理をなさらず』そう想える時がきたら…お考えを進めてみて頂きたいな と思います。
    どうか*愛犬さん…やすらかにおやすみ下さいませね

    • gd.vol より:

      オプト♪のPWさん
      ありがとうございます。

      お別れの受け止め方や、乗り越え方は人それぞれですが、心のリハビリにはそれなりの時間が必要だと思います。

      心に無理をせず、1歩を踏み出せるようになったら、盲導犬ボランティアとして犬と係わっていく道も選択肢に入れていただけたらいいなと思います。

      まずは、ゆっくり心を休めてほしいなと思います。

  3. ぢゃい より:

    ご無沙汰してしまったら
    第3章が明日から、はじまるのですね!
    我が家には末娘がいるのですが…
    ラブパピーと生活できるなんて
    うらやましいです!

    いずもさん、つむぎさんから
    学んだパピーウォーカー力
    楽しみにしてますねー!

    • gd.vol より:

      ぢゃいさん
      あ~!!
      お久し振りです。

      そうなんですよ~。
      3頭目のパピーが来ることになりました。
      また応援よろしくお願いしますね^^

      末娘さん、元気ですか?
      ぢゃいさんもわんこライフを楽しんでくださいねっ★

関連記事

shikaku_moudouken_man

多和田訓練士が語る「盲導犬の訓練って?」

日本盲導犬協会のホームページに、多和田訓練士が語る盲導犬の訓練についてのコーナーが誕生しました。

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

拡散希望です

拡散希望です。 遺棄された秋田犬 黒い彗星ガイル「坊やだからさ」 少しでも多くの人

記事を読む

IMG_2334

インスタグラム 始めました

流行のものに疎い私。 流行っているらしいことは知っていましたが、IT音痴が災いしてなかなか踏み

記事を読む

IMG_2343

別れと出会い そしてありがとう

2016年も私達にとって別れと出会いの1年になりました。 年明け早々にツムギが入所し、島根へ旅

記事を読む

DSCF8244

犬好き必見!爆笑

パピーウォーキングの振り返りは一休みです。 面白いサイトを見つけました。 こちら→犬最高

記事を読む

DSCF8244

とったよ!二級愛玩動物飼養管理士

夫宛てにこんなものが送られてきましたよ。 イズモを見送って抜け殻になっているかと思いきや、全く

記事を読む

076

エール

受験生の皆さんも進路が決まり、そろそろ卒業式を迎える時期ですね。 第一志望の学校、就職先に進路

記事を読む

P9201765

シアトル発わんこのお話 アメリカの盲導犬育成システムにも言及

アメリカのシアトルで生活していらっしゃるナオミ・シェラーさんが、シアトルの日本語情報サイト「JUNG

記事を読む

CIMG6460

サマーカットは逆効果!熱中症の危険も!!

見た目には涼しそうなサマーカットですが、実は犬にとっては逆効果で サマーカットは犬にとっては地

記事を読む

a0011_000238

父親を亡くしました

犬とは関係のない話題です。 実父が亡くなり、17日に見送ってきました。 実は4月

記事を読む

CIMG6734
ハウスは避難場所?

お手入れが嫌いなウェルシーは、爪切りも、歯磨きも、ブラッシングも、耳掃

CIMG6963
夏の終りの冒険

今年のウェルシー地方の夏は、梅雨の間は晴れて梅雨が明けたら雨の多い日が

CIMG7008
盲導犬ユーザーの講演と子犬が1歳になるまでにしつけておきたい10のこと

知り合いの盲導犬ユーザーの井出さんにお誘いいただいて、アニマルプラザ「

IMG_5645
8/22BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

ウェルシーだよ~♪ 8月22日 19時~ BSジャパン「ポ

CIMG6796
ごはんだよ~ 見上げるおめめが可愛い

毎日の楽しみ ごはん 現在、日本盲導犬協会では フー

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑