盲導犬ユーザーが感じた委託修了式

公開日: : 盲導犬ボランティア

2018年5月13日、私達は4頭目パピーのウェルシーを送り出しました。

ウェルシーたちW‐15胎の委託修了式に、知り合いの盲導犬ユーザーの井出さんをお誘いしたところ

ぜひ、お見送りしたい。

と言ってくださったので、井出さんにもウェルシーを見送っていただきました。

盲導犬がいても苦労がある

井出さんは、30代で病気のため視覚障害になり、やがて盲導犬を持つことに決めました。

しかし、盲導犬と一緒に歩くことは想像以上に大変だと感じたそうです。

大手ファミレスチェーン店でさえ

わんちゃんは外で待たせていただけますか?

盲導犬ですけど・・・。

盲導犬でもですね、外で待たせていただけないかと・・・。

ということはよくあることで、そのたびに店側と交渉するそうです。

電車に乗ったときも、盲導犬を連れていると場所を取ってしまいますし、犬が足や尻尾を踏まれたりしないか気を使います。

足腰が悪いわけではないので立つのは構わないのですが、できれば座って足元に犬を入れた方が、場所も取らず他人に迷惑にもならず、犬も安全なので、優先席の前に立つようにしているのですが、まず席を譲ってもらえることはないそうです。

「めくら」とか「かたわ」といった差別的な言葉を言われたこともあるそうです。

目の不自由な方にとって、盲導犬がいてもご苦労があるのだなあと思いました。

そんな井出さんは、盲導犬への理解を深めてもらうために講演活動を精力的に行っていらっしゃいます。

私達が井出さんと知り合ったのも、たまたま地域のイベント祭りに出かけたら、井出さんがマイクを持って盲導犬についてのお話をされていたからでした。

この頃は2頭目のロンド号との生活になっていましたが、盲導犬と暮らし、講演活動を行い、また1頭目のウィッシュ君とのお別れを経験したこともあり、パピーウォーカーの私たちに大変興味を持ってくださいました。

ユーザーが感じたパピーウォーキング修了式

私たちパピーウォーカーが1頭の犬と生活を共にするのは1年弱ですが、ユーザーさんは8年くらいの期間を一緒に過ごします。

相棒である犬との絆は、パピーウォーカーよりもはるかに強いものになるのではないかと、私は想像しています。

盲導犬を引退させるときは、どれほど辛いものかと思ってしまいます。

ウィッシュ君とのお別れを経験した井出さんには、今回の修了式に臨むパピーウォーカーさんの気持ちが、自分のことのように感じられました。

各パピーウォーカーが一言づつ話す場面では、声を詰まらせるパピーウォーカーさんの気持ちが胸に迫り、涙ぐみそうだったということです。

そして

特に初めてのユーザーさんこそ、こういったところに参加してパピーウォーカーさんがどんな気持ちで子犬を育ててくれたのか肌で感じたり、お別れの気持ちを身近に感じた方がいいと思う。

と話していました。

相互理解って大切なことですよね

人は自分が体験していないことには思いが至りませんし、経験しないとなかなか学べないものです。

しかし、人には想像力がありますよね。

私たちもアイマスクを着けて歩くことを体験すると、見えないということがどういうことなのか想像できるようになりますね。

ユーザーさんも自分でパピーを育てたり、訓練することはできませんが、その立場の人の話を聞いたりレクチャーや修了式などを体感するだけでも、想像力は働くと思います。

もし自分が〇〇だったら

と考えるきっかけになりますよね。

以前、神奈川訓練センターのセンター長さんに

パピーウォーカーはレクチャーの中でユーザー講話があったりしますが、ユーザーさんもパピーウォーカー(他のボランティアでも)の生の声を聴く機会があってもいいのではないでしょうか?

とお伺いしたことがあります。

(例えば共同訓練中に1度パピーレクチャーに参加するなど)

センター長さんによると

パピーレクチャーは土日に行われますが、共同訓練は土日は休みなので、ユーザーさんは自宅に帰る方が多いです。

なので強制はできないのですが、帰らない方には見学をしていただいてはいます。

ということでした。

W‐15胎の修了式に参加してくださった井出さんの感想をお伺いして

  • 協会とボランティア
  • 協会とユーザー

という信頼関係だけではなく

  • ユーザーとボランティア

の相互理解も大切だと感じました。

井出さん、ウェルシーの旅立ちを見送ってくださってありがとうございました。

一般の方も

もし自分が目が不自由だったら

と想像力を働かせて、ユーザーさんと盲導犬を温かく見守っていただけたらと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
旅立ちは雨 委託修了式
NEXT
入所から10日 前向き 今を生きる犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    読ませて頂いて、これからも視覚障害のある方と盲導犬が過ごしやすい社会となるよう、自分ももっと頑張ろうと改めて思いました。

    こうして問題提起して頂いて、関心が多くの方々に広まっていけば…

    いつもありがとうございます。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      多くの人が関心を持ってくださると嬉しいですね。
      点字ブロックの上には自転車などを置かない。
      障がい者用の駐車場には駐車しない。
      など、小さなことでもできることはたくさんありますね。

  2. サンディpw より:

    ユーザーさんとボランティアの相互理解、まさにそこが深まればいいな、と思います。
    先日、ユーザーさん宅にお邪魔し、たくさんお話をしてその必要性を感じていたところです。
    お互いの現実を知れば、より良くパピーを育てるヒントが得られるし、ユーザーさんの疑問もいくつか解消出来ると感じました。

    井出さんの講演会、一度聞いてみたいです。開催の折には是非お知らせ下さい。

    • gd.vol より:

      サンディPWさん
      ユーザーさんとお話していると、盲導犬と暮らして良かったこととか、また、こんなことが不便に感じるんだな、とか発見がありますね。
      サンディちゃんのユーザーさんとお話しされて、学ばれたところで2頭目パピーを育ててみませんか?
      復帰を楽しみにしています♪

      井出さんの講演、情報が入ったらご連絡しますね。

関連記事

2017 ボランティア懇親会

神奈川訓練センターで開催されたボランティア懇親会に参加しました。 協会職員さんと、ボランティア

記事を読む

そうだ!富士ハーネスへ行こう!

山中湖に一泊し、朝起きたら雨でした。 雨が降らなかったら山中湖で遊んで、忍野八海を回る予定でし

記事を読む

盲導犬の繁殖犬と暮らしてみませんか

先日友人に会いました。 次の子犬待ち と言うと 盲導犬の子犬ってどこかから買ってく

記事を読む

寄付と税金と・・・

クリスマスですね。 わが家にはサンタさんも来ませんし、クリスマスと言っても普通の日なのですが、

記事を読む

火を灯されたキャンドル

2019 キャンドルナイト 富士ハーネス

2010年から開催されている富士ハーネスでのキャンドルナイトは、今年2019年は10回目の開催となり

記事を読む

感動!現役盲導犬パピーウォーカー宅へ半日の里帰り

以前、知り合いの盲導犬ユーザーの井出さんの講演 「盲導犬の一生」に参加したことがあります。 関連

記事を読む

盲導犬は可哀想な犬なのか?キャリアチェンジ犬ツムギのひとり言

みなさんお久し振り。 わ~~い! ツムギだよ~~~!! わたしはね、1月23日で3

記事を読む

盲導犬ユーザーさんのお話を聞いてきました

2月5日、来月入所を控えたS-14胎のパピーとパピーウォーカーさん達が、訓練センターに集合しました。

記事を読む

2018 キャンドルナイト 富士ハーネス

ウェルシーだよ♪ 12月15日に富士ハーネスで開催された、キャンドルナイトに連れて行ってもらっ

記事を読む

2017 キャンドルナイト 富士ハーネス

12月16日 個別レクチャーをしていただいた後、キャンドルナイトに参加しました。 私達は

記事を読む

部屋で伏せる犬
犬の要求を聞きすぎると犬がわがままになるらしい

わが家では「遊んで」「抱っこ」などの犬の要求は、可能な限り聞いてあげ

座る犬
犬も夏バテする?夏バテの症状と対策

雨の季節になり、蒸し暑い日が増えてきましたね。 気温と湿度が上がり、

くつろぐ犬
【ACジャパン広告】盲導犬について誤解しているかも?

2020年7月1日より、ACジャパン支援による日本盲導犬協会のCMの

顔を拭かれる犬
犬が臭い理由は何?対策には独断と偏見あり

犬は動物なので、当然体臭があります。 これが嫌だったらぬいぐるみかロ

散歩する犬
犬が幸せな雨の日の過ごし方|退屈だなんて感じない!

梅雨に入りましたね。 雨が続く季節も愛犬と楽しく過ごしていきたいです

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑