犬の車酔いを治してあげよう

公開日: : 社会化

遠出はしないという人でも、病院に行くなど、犬を車に乗せなくてはいけないことってありますよね。

犬も車酔いをすることがあります。

犬はなぜ車酔いをするの?症状は?対策は?

同じように車に乗せても酔う仔も酔わない仔もいますね。

ウェルシーは車に乗れば「寝るもの」だと思っている気がします。

クレートで寝る犬

個体差がある車酔いですが、できるだけの対策をしてあげましょう。

犬が車に酔う理由

三半規管への影響

車の不規則な揺れによって三半規管が過剰に刺激され、車酔いが起こります。
人間と同じですね。

過去の嫌な経験・不安

以前車に乗って吐いてしまったとか、大きな揺れや知らない音を体験して怖い思いをしたなどの経験から、車に乗ることが怖いと感じてしまい、それが精神的にストレスになり車酔いに繋がります。

また、いつも生活している場所とは違う、慣れない車内移動となるため、環境の変化に不安を感じやすい仔は不安を感じやすく、車酔いをしてしまうことがあります。

車内のにおい

嗅覚が敏感な犬は、車内にこもるにおいがストレスになり、車に酔うことがあります。

車酔いの症状

犬が車に酔ったときの主な症状です。

  • 落ち着きをなくし、そわそわする。
  • 吠える。
  • 生あくびをする。
  • 震える。
  • よだれを垂らす。
  • 嘔吐する。

落ち着きがなくなり、そわそわするのが初期の症状です。

症状が見られたら、早めに休息し外で気分転換をしましょう。

車酔いの予防

安全運転

急発進、急停車、など「急」がつくものはやめて、安全運転で振動を和らげてあげます。

こまめに休息をとる

外の空気を吸ったり、少し歩いたりすることで、気分転換になります。

時間に余裕をもって出かけましょう。

車内の温度やにおいに気を付ける

タバコや芳香剤のにおいは犬にとってストレスになります。

車内温度も暑くなり過ぎないように気を付けてあげましょう。

食事の時間や量を調整する

食事は、出かける2~3時間前に済ませるようにします。

量も少なめの方がいいかもしれません。

車に慣れてもらおう

まず、どの仔も車に乗せるときは短時間からにしました。

でもですね

パピーウォーカーは「レクチャー」というのがあるんですよ。

わが家から訓練センターまでは1時間以上かかるので、委託から2週間程度で行われる最初のレクチャーが不安でした。

予防措置を心掛けましたが、車への反応は犬によってそれぞれでした。

イズモは車内で結構吠えましたし、ツムギはよだれと生あくび、そして吐く、シオンはピーピー言い続け、ウェルシーだけがケロッ。

車酔いしたツムギは、助手席の足元が落ち着けたので、足元に乗せるようにしました。

人の足元で車に乗る子犬

後ろより揺れないので、酔うことが少なかったです。

抱っこ~。

とよじ登ってくるときは、抱っこもしてあげましたが、体が大きくなってからも

抱っこ~。

と言われ、こちらが大変になって

いいかげんにしなさい!

とクレートに入れましたが、そのあとは車酔いはありませんでした。

ただ、しばらくの間、人が監視しながらお気に入りのバスタオルを入れていました。

つむたんにとってはお守りみたいなものだったようです。

クレートにいる犬

過去に嫌な経験がある犬、車に不安がある犬

いきなり車でお出かけせず、エンジンのかかっていない車に乗せて、落ち着くまで待ってあげます。

時間がかかる場合もありますが、だんだん落ち着くまでの時間が短くなっていきます。

車に乗ること自体に慣れたら

  • ドアを閉める
  • エンジンをかけてみる
  • 少しだけ走ってみる

というように、スモールステップで練習していきます。

酔わないものの車が苦手だったシオンも少しずつ慣れてもらい、出かけた先ではお散歩をして

車で出かけると楽しいね♪

というようにしていきました。

やがて、出かけると楽しいということがわかってきて、自発的に乗ってくれましたが、入所まで車を好きにはなってくれませんでした。

不安が強く、すぐピーピー言ってしまうので、クレートではなく足元に乗せていました。

車に乗る犬

シオンは狭いところが苦手だったので、ハウスも好きではありませんでした。

好きにこそなってはくれませんでしたが、ハウスでお留守番することも、車で出かけることもできるようになったので、少しずつゆっくり慣れてもらうことが大切だと思います。

まとめのようなもの

犬の車酔いは、人間と同じ理由で起こります。

練習していくうちに、酔わなくなっていくことが多いので、少しずつ慣れてもらいましょう。

嫌な場所(病院など)に行く時だけ車に乗せると、車に嫌なイメージがついてしまうこともあるので、車に乗ったら楽しいことがあると思ってもらうのも大切です。

(写真は、ウェルシー、ツムギ2枚、シオンです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬を可愛がり過ぎる飼い主は精神が崩壊する
NEXT
犬が病院を嫌がる怖がる理由と病院の選び方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    レクチャー=車でお出掛け=兄弟姉妹がいっぱい=楽しい

    と、勝手にサナが思い込んでくれた(笑)ので特に工夫もなく慣れてくれたように思います。
    助手席の足元でまあるくなって、アゴをシフトのあたりに載っけて、信号で停まる度に頭をナデナデしてもらう事がサナ大好きでした。

    今気付きましたが、車酔い対策のお題にはハズレてますよね…
    ごめんなさい(笑)

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      うちは車酔いしたのはツムギだけでした。
      それも、何回か乗るうちには慣れてくれたので、本当に大変な仔の苦労は知りません。
      主な車酔いの原因は三半規管への影響なので、持って生まれた体質が大きいのでしょうね。
      自分も経験不足なので、本当に大変な仔のお役には立てていないかもですが、車が苦手な仔が少しずつでも克服できたらいいなと思います。

      レクチャー=車でお出かけ=兄弟姉妹がいっぱい=楽しい
      を理解するまでには、数回の経験が必要なので、初レクチャー(遠出)の前に
      車に乗ると楽しいことがある♪
      と印象付けられるといいですね。
      そして、助手席の足元は揺れも少なく、おとうさんもおかあさんもそばにいてくれる安心感があっていいように感じます。
      サナちゃんも安心して、車に乗れたのでしょうね。

関連記事

急にお姉さんに?

モリパークアウトドアヴィレッジ(東京都)に行ってみました。 アウトドアに特化したショッピングモ

記事を読む

お散歩のおみやげ

元気に朝のお散歩に出かけたパパとツムギ。 やがて 「ただいま~♪」 と帰ってきまし

記事を読む

あっぱれな猫のお話

私達が住んでいる住宅地は猫が多いです。 飼い猫なのか、野良猫なのか、半野良なのか・・・。

記事を読む

雪の彩

つむたん地方は18日に10cm程度の雪が積もりました。 雪が降った日よりも気温の低い日が続き、

記事を読む

オイ!のおじさんと忍者おばあちゃん

タイトル、何のことだかわかりませんよね? イズモの人見知りのエピソードです。 イズモがお

記事を読む

生後10か月齢のプレゼント

ケインBWさんにお誘いいただき、グランPWさんと3家族でお会いしました。 しらさぎ公園で待ち合

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬 その後

シオンは委託当初から掃除機を怖がらなかったので助かりましたが、掃除機が大きなおもちゃになってしまいま

記事を読む

ドッグカフェ体験

所沢航空記念公園(埼玉県)に行ってみました。 ここは、家族連れ、自転車、ジョギングをする人、犬

記事を読む

子犬の初雪体験

11月24日、シオン地方に初雪が降りました。 首都圏で11月に降雪を観測するのは54年ぶりのこ

記事を読む

抱っこでお散歩 屋外の雰囲気に慣れよう

子犬が生まれると混合ワクチンを接種しますが、日本盲導犬協会では1回目のワクチンは委託の前に協会で接種

記事を読む

もはやマンガだ!警戒吠えさえも笑いに変える犬

ウェルシーには小さい頃から、家の中限定で不審(とウェルシーが感じる物音

アイコンタクトをする犬
甘えん坊犬は幸せな犬!愛情を注いで育てるってどういうこと?

私はいろいろな方のブログを読むのが好きなのですが、あるブログに 甘え

クレートで眠る犬
犬にも個性がある!性格や行動を理解して仲良く暮らそう

富士ハーネスに遊びに行ってきました。 富士ハーネスは、ウェルシーが生ま

富士山
犬連れ富士山(五合目)初心者も富士山を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 日本が誇る世界遺産! 富士山に連れて行ってもらったよ

伏せる犬
わがまま犬は愛情深い犬!どうせなら可愛いわがまま犬に育てよう

ウェルシーは、自己主張したり焼きもち焼いたり、そうかと思うと人の機嫌を

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑