あっぱれな猫のお話

公開日: : 第三話 シオン, 社会化

私達が住んでいる住宅地は猫が多いです。

飼い猫なのか、野良猫なのか、半野良なのか・・・。

よくわからないのですが、シオンとお散歩に行くと大抵遭遇しますし、寒くなるとわが家の濡れ縁でもよく日向ぼっこをしている猫を見ます。

DSC00406

ある日のお散歩中のことです。

横道から出てきた女性にシオンが走り寄って行こうとしたので、行かないようにリードを固定しました。

止まった時、シオンは私の少し前にいました。

次の瞬間

シオンがダ~ッ!と私の後ろに走りました。

なんだなんだ!

と思ったら、私の後ろで猫と鼻を突き合わせているシオンが~!!

あちゃ~!

犬より先に猫に気付くって難しいですよね。

猫って足音も立てずに歩きますしね。

DSC00400

シオンが猫の顔に鼻ツンしました。

シオンは尻尾を緩やかにフリフリしていましたし、鼻ツンは友好を示したつもりだったようですが、猫はめっちゃ迷惑そうな顔をしました。

うわぁ~!

猫も表情が豊かだよなあ~。

猫さん、怒ったかな?

ちょっとドキドキしました。

猫とシオンは数秒見合ったままで、シオンは猫の顔に鼻を近づけてくんくんしました。

その間、私はリードを固定したままでした。

すると、猫がそっと顔を背けたので、私もそっとシオンのリードを緩めました。

リードが張れた状態が続くと、不快感からシオンはイライラすることが多い仔なんですよね・・・。

人も犬も同じで、イライラしているといいことが無いです。

ここは穏やかな気持ちで乗り切ろうと思いました。

やがて猫は、ゆ~っくりと弧を描くように歩きだし、シオンの鼻先にに脇腹の辺りを向けて立ち止まりました。

シオン、再びくんくん。

猫はしばらくシオンにくんくんさせると再び歩きだし、今度はシオンにお尻を向けて立ち止まりました。

尻尾を高く上げて、前だけを見ています。

シオン、またまたくんくん。

猫はまた少しの間シオンにくんくんさせると、尻尾を高く上げたままゆ~っくりと前に歩いて行きました。

そのまま一度も振り返らず、尻尾を上げて悠々と歩いて去っていきました。

シオンも私も、しばらく呆然。

その場に立ったまま、去っていく猫を見送っていました。

あっぱれです。

ハイテンションで自分に駆け寄ってきた、自分よりはるかに大きい子犬に臆することなく、動きにつられることもなく自分の動きを止めて、それからゆっくりと動きだし、犬を刺激しないようにして、そして悠々と去っていきました。

猫の眼中に私はありませんでしたね。

おまえが飼い主だろ。

そのガキ犬どうにかしろよ。

などという気配は微塵もありませんでした。

あっぱれとしか言いようがありません。

DSC00405

できた猫さんだったお蔭で助かりました。

この場合、人はどうしたら良かったのでしょう?

あ!猫と鉢合わせた!!

と人が慌てて、犬を引き離そうと犬のリードを引っ張ってしまうと、犬がガウる可能性があります。

猫は賢いので、犬がリードに繋がれていることを解っていて慌てず去っていくでしょうが、興奮してガウる犬に反応して逃げ際にひっかいていくかもしれません。

以前やられた仔がいました。

以来、しばらく猫を怖がったそうです。

なるべく鉢合わせしないようにしたいものですが、鉢合わせてしまったら今回の猫ちゃんを見習って、慌てず騒がず対応できたらいいなと思いました。

パピーがいろいろな動物と出会う時も、怖い思いをしないで出会いを体験できるといいですよね。

DSC00397

写真の猫ちゃん達は本文とは関係ありません。

犬もいいですが、猫も可愛いですよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
梅雨の晴れ間と雨の日と
NEXT
絶賛後追い中 でも少し成長しているよね

ケインママ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    ワオ!
    すっごい大物ネコさんですね〜
    相手が子犬と分かっての態度なのでしょうか。
    近づくと逃げたり、威嚇されたり…などは経験したことありますが、ワンコに悠然と匂いを嗅がせるネコには、まだ出会ったことないです。
    他の方のブログなどで、ネコと犬が同居しているお家って、結構見かけますよね。
    意外と仲良く暮らせるみたいですね。
    ネコちゃんも、ワンコとはまたひと味違った可愛さがありますよね♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      多分子犬だとわかったのだと思います。
      私もこんな猫は初めてでした。

      猫と犬が同居しているおうちってありますね。
      犬も猫も人も仲良く暮らしているって素敵ですよね。

  2. I君母 より:

    猫ちゃん「あっぱれ」ですね。(^O^)
    リーベの時、猫ではなく蛇に遭遇したことがあります。
    その時、私硬直しました。
    地面の色と蛇の色が同じだった為、リーベ、蛇に気付かなかったんです。
    幸い、何事もなくその場を去ることができました。
    もしリーベが気づき蛇が襲って来たらと思うと恐ろしいです。
    体長1メートルほどの蛇でした。

    • gd.vol より:

      I君母さん
      距離があればいいのですが、鼻を突き合わせてしまったので、ドキドキしました。
      シオンは友好的。
      猫も毛を逆立てていなかったので、落ち着け~と思いました。
      よくできた猫ちゃんで助かりました。

      蛇に遭遇!
      1m!デカい!!
      考えただけで凍りつきます。
      何事も無くて良かったですね。

関連記事

子犬 不安な気持ちの表現それぞれ

お散歩デビューしたばかりのシオンは、人の足元にまとわりつき、靴ひもを引っ張ったり リー

記事を読む

犬の散歩 寄り道も大切かもね

ここのところ寒いです。 冬晴れ、乾燥した北風。 シオン地方の冬の特徴なのですが、風が冷た

記事を読む

ワンツー苦戦中 トイレのしつけ

子犬を家に迎えてすぐに始めなくてはいけないのがトイレのしつけ。 今まで迎えたパピーには、3日で

記事を読む

飛びつきとお出迎え

パパが帰宅すると玄関へお出迎え。 これもわが家のパピーたちの日課です。 小さい頃は

記事を読む

抱っこでお散歩

子犬を家に迎えても、2回目のワクチンが終わらないと下に降ろせないので、抱っこでお散歩をします。

記事を読む

犬も笑うんだよ

お散歩中、シオンを座らせてみました。 Sit シオン~♪ 名前を呼ぶと

記事を読む

苦手な階段の昇降を克服

ウェルシーとお散歩に行きました。 ママちゃん 今日はどこに行く? 駅の方に行ってみ

記事を読む

子犬の社会化 芝生を体験

家から歩いて30分くらいのところにある市営の公園に行ってみました。 ここは芝生の上もわんこOK

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬 その後

シオンは委託当初から掃除機を怖がらなかったので助かりましたが、掃除機が大きなおもちゃになってしまいま

記事を読む

雷は大丈夫だったみたい そしてお散歩

つむたん地方、気持ちの良い五月晴れになりました。 寒気が入って少しひんやりした朝になり、カラっ

記事を読む

お散歩中に猫や鳥に吠える・突進する犬

ウェルシーだよ♪ 土手の遊歩道をお散歩したよ。 おうちの近

犬を飼うのが辛い 犬を迎えたことを後悔しています

犬  飼う 辛い 後悔 などの検索ワードで私のブログに来てくださ

犬連れ安中市ろうばいの郷

ウェルシーだよ♪ 群馬県安中市(読みはあんなかだよ)にある、ろう

犬の吠えをやめさせる しつけ以外のヒント

最近、ウェルシーが小さかった頃の記事を読み返してみましたが、ウェルシー

育てたパピーがキャリアチェンジになったときのパピーウォーカーの気持ちとか

新しい年を迎え 今年はパピーウォーカーをやってみたいな~。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑