盲導犬になれなかった犬はどうなるの?

日本盲導犬協会では、育てたパピーがキャリアチェンジになった場合、原則としてパピーウォーカーが引き取ることはできない決まりになっています。

え~!

そんなの寂し過ぎる~!!

よくパピーウォーカーなんてやっていられるわね。

と友人に言われるのですが、その話は別の機会に触れるということにして、これらのリアクションののちに必ず聞かれる

じゃあ、盲導犬になれなかった仔はどうなるの?

についてお話します。

まさか、殺処分??

こんな怖いことを言う人もいます。

そんなはず、あるわけないでしょ!

細かいことですが重要なので、ちょっと触れておきます。

盲導犬になれない仔ではなく、盲導犬にならない仔です。

日本盲導犬協会では、そう表現しています。

人のサイドから見ると、その仔の持っている資質が盲導犬に向かないということ(身体的理由の場合もあります)

犬のサイドから見ると、盲導犬のお仕事にストレスを感じる仔は別の道を選んでいく。

ということです。

キャリアチェンジになった仔の中には、PR犬になる仔、聴導犬や介助犬など他の補助犬への道を進む仔もいます。

そして多くのキャリアチェンジ犬は、キャリアチェンジ犬飼育ボランティアとして登録しているご家庭に、家庭犬として譲渡されます。

人間だったら

この仕事、自分にはちょっと向かないかなと思うけれど、生活のために頑張らなくちゃ。

ということにもなるのですが、彼らは犬なので頑張らなくていいというわけです。

盲導犬のお仕事を楽しめる犬だけが盲導犬になればよくて、盲導犬のお仕事をストレスに感じる犬は別の道を選んで幸せな一生を送る。

それが権利としてあるわけです。

生活のために嫌々働く人間より幸せかも~!!

さて

わが家の2頭目パピーのツムギですが、これがまた新しいおうちでめっちゃ可愛がられて、アイドル生活を満喫しているみたいなんですよね。

CCボランティアさんが可愛いツムギの写真を送ってくださいました。

おとうさんと遊ぶツムギ

おもちゃ、どっち?

写真

こっち

正解~♪

じゃあ今度は?

こっち

おとうさん、片手しか握っていないから簡単よ。

image

このおもちゃは、わが家にいた頃のツムギのお気に入りのおもちゃで、私達からツムギの新しいご家族にプレゼントしたものです。

下の2枚の写真は、わが家で遊んでいた頃のまだ幼いツムギです。

P1010230

DSCF9918

おもちゃはどっち?

という遊び方をご紹介させていただいたら、早速私達が差し上げたおもちゃで遊んでいる写真を送ってくださいました。

成犬を家族の一員として迎えるということも、子犬を育てるのとは違う難しさがあるのではないかと思います。

ツムギがどんな仔だったのか?

どんな遊びが好きだったのか?

子犬の頃を知り、ツムギと一緒に楽しい時間を持ち、一日も早くツムギと家族になろうとツムギを気遣ってくださるCCボランティアさんのお心遣いがとっても嬉しいです。

image (5)a

おとうさんに甘え、遊び疲れたのかお父さんの横ですやすや。

image (7)

幸せだね、ツムギ。

く~ちゃんというお友達もできたそうです。

く~ちゃんもキャリアチェンジ犬で、今のご家族のおうちで幸せに暮らしているそうです。

image (5)

私の友人の中には

ツムギはキャリアチェンジになった。

と言うと

残念だったね。

と言う人もいますが、私の心は複雑です。

だって、ツムギは残念な犬じゃないしぃ~。

盲導犬を育てるためのボランティアしているのに、一生懸命育てた犬が家庭犬になって残念だったね。

と気遣って言ってくださる言葉だということはわかります。

でも、盲導犬のお仕事がストレスになるというパピーには、別の道で幸せになってもらわなくちゃね。

そして

盲導犬のお仕事って楽しいからもっとやりたい!

という仔が来てくれれば、それがその仔の幸せです。

なので、どんな進路を選んでもその仔が幸せなら育ての親としては嬉しいことです。

盲導犬になれば盲導犬を待っている方のお役に立てて、ボランティアとして嬉しいということにはなりますけどね。

ど~よ!

この甘えっぷり(笑)

image (8)

ツムギの新しいご家族からは、今までにツムギを可愛がってくださった方たちに

ツムギが元気にしていること。

ツムギのお蔭で自分たちが楽しく過ごしていることへの感謝の気持ち。

をお伝えできたら嬉しいということでした。

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアは、盲導犬になれない残念な犬を引き取るボランティアではなく、盲導犬の育成には欠かせない大切なボランティアだということを、多くの方に理解していただけると私達も嬉しく思います。

日本盲導犬協会の、キャリアチェンジ犬飼育ボランティアについては

こちら→キャリアチェンジ犬飼育ボランティアについて

をごらんください。

CCボランティアさん

ツムギが楽しく生活していることを知らせてくださりありがとうございます。

ツムギのこと、ずっとずっとよろしくお願いいたします。

関連記事→パピーウォーカー リピートの原動力 最終バトンを受け取る人たちへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
盲導犬ふれあいキャンペーンに参加しました
NEXT
日向ぼっこの季節が始まったよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    つむたん、新しいご家族にとっても可愛がってもらってるんですね〜、よかったわ〜
    こうやってお写真まで送ってくださって、PWとしては本当にうれしいことですよね。
    どの道に進んでも、どの仔もオンリーワンの存在です。
    ワンコの幸せは一緒に暮らす人間にかかっていますから、みんな素晴らしいご縁で結ばれてほしいですね。
    CCになったケイン仔もたくさんいますが、迎えられた先で幸せに暮らしてるって聞くのが一番うれしいです。
    大切にしてくださるCCボラさんに、ありがとうって伝えたいです。
    つむたん、あちらで新しいお友達もできて、よかったね〜♪
    これからもずっと楽しい毎日を送ってね(^^)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      キャリアチェンジ犬、たくさんいますよね~。
      どんなに盲導犬に向くとされる父犬母犬から生まれても、実際に盲導犬になるのは3~4割といいますものね。

      候補パピーたちは、盲導犬になってもならなくても、それぞれに幸せに暮らしていけることを、いろんな人に知っていただけたらいいなと思います。

      ツムギのことは何一つ心配ありません。
      本当に多くの人に支えられて幸せになって良かったです★

  2. miko より:

    ツムギちゃん幸せそうな写真たくさんですね〜^^
    私はまだ1頭目の子が訓練中なので気持ちは保留中です。
    盲導犬になれなかったじゃなくてならなかった。
    ここ声を大にして言いたいですね。
    私もPWなんですって話になると盲導犬って辛い訓練受けて
    厳しいんでしょう〜とか結構誤解されてること言われるんですよね。
    家庭犬が1番幸せよ〜っとも言われますが、
    盲導犬だって幸せだよ!って思うんです。
    でも知られてないことも多いからイメージ先行で否定的なことも言われること多いですね。
    微力ながら啓蒙していけたらって思いますね。

    • gd.vol より:

      mikoさん
      パピー達はそれぞれ自分の道を選んでいくので、どんな道を選んでも「おめでとう」と祝ってあげられるように、パピーと過ごすわずかな時間を充実させたいと思っています。

      私は自分が盲導犬に対してネガティブなイメージを持っていなかったので、パピーウォーカーをやってみて初めて、世間では盲導犬に好意的な人ばかりじゃないんだなあ、ということを知りました。

      盲導犬だって家庭犬だって、わんこの幸せは家族である飼い主次第なので、一概に家庭犬が幸せとは限らないと、私も思います。

  3. サナ父ちゃん より:

    つむたん、幸せで良かったです。
    迎え入れてくださったご家族のみなさまも、幸せになられて本当に良かったです。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      犬も人もHappyじゃないとね♪

      担当訓練士さんに
      ツムギにとって一番いいおうちを選んでくださいね。
      とお願いしたのですが、これ以上はないだろうと思えるくらいのご家庭に嫁ぎました。

      それもツムギを可愛がってくださったみなさんのお蔭です。
      感謝です★

  4. オプト♪のPWです より:

    つむたん♪幸せに暮らしているご様子が伝わってくる良いお写真ですね〜(*˘︶˘人)
    つむたんのご家族の皆さまの温かいお気持ちがとても嬉しくて…私も大好きなつむたんを想い*優しい涙がこぼれてきました。
    どこかでばったり逢うことはないのでしょうけれど いつでも心に想いうかべることが出来る幸せもとても素敵ですよね♡

    そして*そして… 盲導犬の道を選ばなかった犬も つむたん♪のように幸せに暮らしている事を 今日のママさんの記事から知って下さると私も嬉しく思います。

    • gd.vol より:

      オプト♪のPWさん
      盲導犬になった犬も、違う道を選んだ犬もみんなそれぞれ幸せに生活しているということを、多くの人に知って欲しいです。

      ツムギはわが家からは遠い場所へ嫁いだので、どこかでばったりは無いと思いますが、私達もいつもツムギの優しい思い出に包まれています。

  5. さと より:

    初めまして。
    パピーウォーカーをしております。
    実は、医師の診断の結果、パピーに先天的な疾患があることが分かり、4ヶ月でセンターに戻すことになりました。
    私達家族は、この子の将来についてとても心配しています。
    今後も継続して治療を受けさせてもらえるのか、殺処分になってしまわないか。
    あどけないこの顔を見ていると涙がとまりません。

    • gd.vol より:

      さとさん
      はじめまして。

      大変心配ですね。
      パピーウォーカーはボランティアですし、協会の方針に賛同できないと続けていくことは難しいと思います。
      パピーの今後については、ぜひスタッフの方に納得のいく説明をしていただけるようにお願いしてみてくださいね。

      ケースは違いますが、こちらの協会では、生まれてから病気が見つかりパピーウォーキングに出せなかった仔がいます。
      3か月齢で亡くなりましたが、生まれてから亡くなるまで協会の方で、大切に面倒を見て、精一杯の治療もしていました。
      名前もつけてくれて、慰霊祭にも写真を飾ってくれました。
      短い命でしたが、みんなに愛され精一杯輝きました。
      その様子が、その仔の父犬の繁殖犬ボランティアさんのブログにかいてあります。
      こちら

      お預かりのパピーにとって最良の方法を取っていただけるよう、心よりお祈りしています。

      • さと より:

        返信頂き、感謝申し上げます!
        同じ協会ですね。
        心から安心いたしました。
        この仔を手放した後に、この子はどうなってしまうのか、不安と罪悪感で押しつぶされそうでした。
        送り出す日まで愛情をたくさん注ぎます。
        このブログに出会えたことに本当に感謝です。

        • gd.vol より:

          さとさん
          同じ協会でしたか。
          可愛いパピーが病気であること。
          パピーウォーキング半ばで送り出さなければならないこと。
          不安や辛いお気持ちでいっぱいだと思います。
          どうかパピーにたくさんの愛情を注いでさしあげてくださいね。
          お預かりのパピーちゃんが、幸せな時間を過ごせますようにお祈りしています。

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

月に一度のおやつだよ カルドメックチュアブル

ツムギにフィラリア予防薬の「カルドメックチュアブル」を服用させました。 チュアブルとは、かみ砕

記事を読む

CIMG0069

盲導犬パピー お別れ前のひととき

パパ あったかいね。 パパ大好き。 パパのお胸 あったかくて、安心できて大好

記事を読む

DSCF0205

この温もりを

仲良くお昼寝中の二人。 パパの腕枕。 微笑ましいひととき。 どんな夢を見て

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お散歩 呼ばれて笑顔のはずが・・・

西から梅雨に入ってきましたね。 わが家の周りでも紫陽花が咲いてきましたよ。 わが家の庭の

記事を読む

DSCF9424

盲導犬パピー(ウォーカー) トイレの失敗!

ある日のことです。 お気に入りのぬいぐるみ、とらじろうとたくさん遊んだツムギ。 遊び疲れ

記事を読む

PA121994

駄々をこねる犬 おうちに帰りたくないよぉ

ツムギとパパが、そろそろ朝のお散歩から帰って来るかな~と思って家の外に出てみました。 帰って来

記事を読む

DSCF9178

寝る仔は育つ 膝の上で寝る犬

子犬はよく寝ますね~。 起きる→トイレ→遊ぶ→寝る そこに1日に3回のごはんと、2~3回

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子犬と遊ぶ かごめかごめ 待てを強化できるかも?

先日の3回目のレクチャーの時に、Y-13胎(3か月齢)のあるパピーウォーカーさんがやっていた遊びです

記事を読む

DSCF9176

怖がりかも

ツムギがトイレサークルでツーをすると、人のトイレに捨てているのですが、ツーを持ってトイレに向かう私の

記事を読む

IMG_2320

4/18BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

4月18日 19時~ BSジャパン「ポチたまペット大集合!」 にて、盲導犬ヒストリーが放

記事を読む

CIMG6020
おとうさんが帰宅すると大喜びする犬

夜8時過ぎ。 ウェルシーは私の膝の上ですやすやと眠っていました。

CIMG6117
1回目のパピーレクチャー

6月24日は、1回目のパピーレクチャーでした。 この日は、母犬の

CIMG6089
くんくん ぴょんこぴょんこ お散歩デビュー

委託から3週間、生後2か月と11日目の6月24日にウェルシーはお散歩デ

CIMG5992a
最後の抱っこ散歩

ウェルシー お散歩に行くよ~。 Come 尻

CIMG5697
委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑