夜寝るときケージに入りたがらない犬がすんなり入るようになりました

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

シオンは、夜人が寝る前に最後の排泄をさせてケージに入れて

おやすみなさ~い。

また明日遊ぼうね♪

ということにしていました。

対策の成果が出てきた

しかし、それまでは(主に)パパの膝でくつろいでいるので、最後の排泄を誘われると、次はケージに入れられて一人にされてしまうと思うのか、抵抗してなかなか最後の排泄をしてくれませんでした。

ある時から

もう一度抱っこしてあげるからワンツーしておいで。

と言って、排泄をさせてもう一度パパのお膝へ・・・。

しばらく抱っこしてから

ハウスでねんねしよう。

と言ってケージに入れるようにしていました。

関連記事→ストライキ 寝るなんてやだ! 対策中

それがシオンの中では受け入れやすかったようで、最近は

最後の排泄をする→もう一度抱っこでくつろぐ→ケージでおやすみなさい。

という流れが納得できて、夜寝るときもいいこにケージに入ってくれるようになりました。

シオン、ハウスでねんねしようね。

House

KIMG0297

KIMG0298

KIMG0299

ささっと立ち上がって、トットットっとケージに入ってくれるようになりました。

この気持ち悪いくらいの聞きわけの良さは何なんだ!

やだ~やだ~!

と駄々をこねていたのが別犬のように、あっさり入ってしまうようになりました。

いいことなのですが、おとなになるってちょっと寂しいかも?

でも、シオンはクレートで車に乗るのも苦手ですし、知っているわんこに会った時の興奮はハンパないし、まだまだこどもっぽいところもたくさんあったんだ!!

まとめのようなもの

犬が嫌がるのは理由があります。

シオンは、夜最後の排泄をすると

ケージに入って就寝。

という流れになるので排泄を拒否していました。

夜寝るときにケージに入りたくないのは、夜間(暗いし長時間)一人になるのが寂しいからです。

シオンの場合は

排泄の後、もう一度抱っこする。

ということで気持ちが満たされて、聞き分けてくれるようになったのだと思います。

コマンドに従う=絶対服従

のように有無を言わせず従わせるのではなく、犬の気持ちを理解していく努力は犬との関係を作っていくのに大切なことだと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
膝に乗る犬 犬が乗りたがるのか? 人が乗せたいのか?
NEXT
お別れが近付いた時期のパピーウォーカーの気持ちってどうなの?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. すず より:

    シオン君、本当にどんどん大人になっていきますね。

    「それをやってはダメ」「こうしなさい」…等と頭ごなしに否定したり、行動を完全に管理し全てを人間側の思い通りにさせるのでなく、「ワンちゃんの気持ちを考慮してあげながら」こうして欲しいなという方向へ誘導してあげること、とても大切ですね。

    人間、贅沢というか身勝手というか、悩んでいる最中は「早く色々理解してくれるといいな。落ち着いて毎日過ごせるといいな」と思うのですが、ワンちゃんが大人になり、自らちゃんとこちらの意思を汲み取った行動を取ってくれるようになると、何だか物足りないような寂しいような気持ちになってしまいますね(笑)。

    まだちょっぴり残っているシオン君の子供っぽい可愛い部分。

    それらがすっかり無くなっていくか、それともシオン君らしさとして、苦手なものはやっぱり少し苦手なままなのか。
    これからシオン君はどのように大人になっていくか、まだまだ楽しみですね。
    どちらへ進んでも、シオン君らしく大人へとなっていけると嬉しいですね。
    もちろん「苦手=怖い、恐怖」という事では無く^^

    • gd.vol より:

      すずさん
      迎えた頃はどうなることかと思いましたが、シオンなりに成長しました。
      今ならお婿に行けると思います(笑)
      これからも、シオンらしく素敵なおとなわんこに成長してくれると嬉しいです。

  2. miko より:

    突然に受け入れてやれるようになったりしますよね〜^^
    居心地が良かったんだね〜^^
    駄々っ子のままではちょっと〜^^;って思うこともありますが
    もう駄々はこねないのねと思うのも寂しいですよね。。。

  3. サナ父ちゃん より:

    サナは、カミさんが、

    「サナ。」

    って目で本気度伝えないと、私の膝から降りませんでした…

    でも、腹立つことに、退いたら真っ直ぐにハウス行くんですよね…(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      それは腹立ちますねえ(笑)
      でも、そこが可愛いところですよね。

関連記事

甘噛みが激しかった子犬が穏やかな犬になりつつあるよ

パパの腕はぼくのもの。 えへへ パパのお膝 大好き。 ふぅ~

記事を読む

お散歩 小型犬に吠えられちゃったね

シオンと一緒にお散歩に行きました。 家を出るとタッタカタッタカ歩きます。 これは

記事を読む

ホームセンターのカートに慣れました

シオンを連れてホームセンターに行きました。 ここのホームセンターは大型犬用のカートは2台くらい

記事を読む

子犬の歯の生え変わりの時期は血生臭い

子犬の乳歯って可愛いですが、尖っていて噛まれると痛いですよね。 そんな可愛い乳歯は、いつ頃どのよう

記事を読む

山中湖文学の森公園散策

富士見パノラマリゾートでゴンドラに乗り、ハイキングも楽しんだシオン。 慣れない場所だったけど眠

記事を読む

芝生で遊ぼう

ツムギと一緒に歩くと片道30分くらいで歩ける距離に市営の公園があります。 ここは芝生の中にも犬

記事を読む

盲導犬PR犬アッサムの卒業式に行ってきました

富士ハーネスで行われたキャンドルナイトの2日目には、PR犬アッサム君の卒業式が行われました。

記事を読む

生後8か月のシオンへ

暑かったり涼しかったり寒暖の差が大きい今日この頃ですが、ふと薫るこの香りは・・・。 秋ですね。

記事を読む

S-14胎5回目のパピーレクチャー

8月20日は5回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は4回目のパピーレクチャーを欠席したので

記事を読む

犬はなぜ高いところが好きなの?犬を高いところに乗せるのは問題か?

ウェルシーだよ♪ よい仔のみんな、高いところに乗るのは好き? あたしは好きだよ。 家庭でルールを

記事を読む

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

ウェルシーと子犬たち
盲導犬繁殖犬ウェルシー初めての出産

12月の上旬に出産のため、富士ハーネスに里帰りしていたウェルシーは、1

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑