駄々っ子卒業?

シオンは夜人が寝る前に最後の排泄をさせてケージに入れて

おやすみなさ~い。

また明日遊ぼうね♪

ということにしていました。

しかし、それまでは(主に)パパの膝でくつろいでいるので、最後の排泄を誘われると、次はケージに入れられて一人にされてしまうと思うのか、抵抗してなかなか最後の排泄をしてくれませんでした。

ある時から

もう一度抱っこしてあげるからワンツーしておいで。

と言って、排泄をさせてもう一度パパのお膝へ・・・。

しばらく抱っこしてから

ハウスでねんねしよう。

と言ってケージに入れるようにしていました。

関連記事→ストライキ 寝るなんてやだ! 対策中

それがシオンの中では受けいれやすかったようで、最近は

最後の排泄をする→もう一度抱っこでくつろぐ→ケージでおやすみなさい。

という流れが納得できて、夜寝るときもいいこにケージに入ってくれるようになりました。

シオン、ハウスでねんねしようね。

House

KIMG0297

KIMG0298

KIMG0299

ささっと立ち上がって、トットットっとケージに入ってくれるようになりました。

この気持ち悪いくらいの聞きわけの良さは何なんだ!

やだ~やだ~!

と駄々をこねていたのが別犬のように、あっさり入ってしまうようになりました。

いいことなのですが、おとなになるってちょっと寂しいかも?

でも、シオンはクレートで車に乗るのも苦手ですし、知っているわんこに会った時の興奮はハンパないし、まだまだこどもっぽいところもたくさんあったんだ!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
膝に乗る犬 犬が乗りたがるのか? 人が乗せたいのか?
NEXT
お別れが近付いた時期のパピーウォーカーの気持ちってどうなの?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. すず より:

    シオン君、本当にどんどん大人になっていきますね。

    「それをやってはダメ」「こうしなさい」…等と頭ごなしに否定したり、行動を完全に管理し全てを人間側の思い通りにさせるのでなく、「ワンちゃんの気持ちを考慮してあげながら」こうして欲しいなという方向へ誘導してあげること、とても大切ですね。

    人間、贅沢というか身勝手というか、悩んでいる最中は「早く色々理解してくれるといいな。落ち着いて毎日過ごせるといいな」と思うのですが、ワンちゃんが大人になり、自らちゃんとこちらの意思を汲み取った行動を取ってくれるようになると、何だか物足りないような寂しいような気持ちになってしまいますね(笑)。

    まだちょっぴり残っているシオン君の子供っぽい可愛い部分。

    それらがすっかり無くなっていくか、それともシオン君らしさとして、苦手なものはやっぱり少し苦手なままなのか。
    これからシオン君はどのように大人になっていくか、まだまだ楽しみですね。
    どちらへ進んでも、シオン君らしく大人へとなっていけると嬉しいですね。
    もちろん「苦手=怖い、恐怖」という事では無く^^

    • gd.vol より:

      すずさん
      迎えた頃はどうなることかと思いましたが、シオンなりに成長しました。
      今ならお婿に行けると思います(笑)
      これからも、シオンらしく素敵なおとなわんこに成長してくれると嬉しいです。

  2. miko より:

    突然に受け入れてやれるようになったりしますよね〜^^
    居心地が良かったんだね〜^^
    駄々っ子のままではちょっと〜^^;って思うこともありますが
    もう駄々はこねないのねと思うのも寂しいですよね。。。

    • gd.vol より:

      mikoさん
      親心は複雑ですよね(笑)
      人間が一番我儘な生き物かもしれませんね。

  3. サナ父ちゃん より:

    サナは、カミさんが、

    「サナ。」

    って目で本気度伝えないと、私の膝から降りませんでした…

    でも、腹立つことに、退いたら真っ直ぐにハウス行くんですよね…(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      それは腹立ちますねえ(笑)
      でも、そこが可愛いところですよね。

関連記事

雨の日はおうちでまったり

台風の影響で雨模様のシオン地方です。 雨がやんでいる隙に、パパとささっと朝のお散歩に行きました

記事を読む

パパさんの幸せな日々が復活 甘えん坊の抱っこ犬が戻ってきたよ

生後5か月を過ぎてもパパさんへの甘噛みがやめられなかったシオン。 訓練士さんのご指導で、噛んだ

記事を読む

フードの与え方

人でもわんこでも、ごはんは毎日の楽しみです。 ラブラドールは、歩く胃袋などと揶揄され、ほんとに

記事を読む

河津桜の散歩道

まだまだ風が冷たく、寒い日も多いシオン地方ですが、週末はご褒美のようにポカポカの春の陽気になりました

記事を読む

なまえで叱らないで

子犬はかじるのが大好きです。 早くも2日目には、引出の取手や、敷居をカジカジ。 甘噛み防

記事を読む

きらめきをポケットにつめこんで

今日は楽しいひな祭り♪ ひな祭りの頃は、いよいよ日差しが春らしくなってきます。 昨日は雨

記事を読む

ごはんだよ~ 見上げるおめめが可愛い

毎日の楽しみ ごはん 現在、日本盲導犬協会では フードを食べることは犬の当然の権利

記事を読む

キーワードは「落ち着き」

3月26日にシオンが家にやってきて、2か月ちょっとが経ちました。 6月1日でシオンは生後4か月

記事を読む

おうちはくつろげる場所

シオンが家に来て3週間ちょっと。 生活にはだんだん慣れてきたと思いますが、シオンはとっても寂し

記事を読む

マイペースな子犬との散歩 まだまだ大変だぁ

台風の影響でお天気がいまいちのシオン地方です。 雨の隙間を縫ってシオンとお散歩に出かけました。

記事を読む

犬の肉球が冷たい時は病気のサイン?冷え性は人だけではない!

雪が降っても大喜びの犬たち。 写真はイズモですが、楽しそうでした

犬の肉球のひび割れ治療はワセリンでいいの?カサカサの原因は何?

ウェルシー地方の冬は空気が乾燥します。 パピーたちの肉球がカサカ

犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由

私はパピーたちが前足や後ろ足で身体を掻いているのを見ると、つい掻いてあ

犬のしつけお散歩の引っ張り改善にはリーダーウォークが有効

お散歩のときに、犬がガンガン引っ張って大変ということはありませんか?

生後6か月のウェルシーへ

10月14日で、ウェルシーは生後6か月になりました。 体重は

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑